あなたを不幸にする! 友だちのフリする敵・フレネミーにご注意

あなたを不幸にする! 友だちのフリする敵・フレネミーにご注意

灯台下暗しって言うしね…
みなさんには本当の友だちはいますか? 女の友情って環境の変化で崩れやすく、そして移ろいやすいもの。親しかったはずなのにあっさり終わってしまった友情の中には、友だちのフリをしているだけの敵「フレネミー」が潜んでいたかもしれません。

フレネミーとは「友だち(フレンド)+エネミー(敵)」の造語。一見仲良しでも、腹の底では友だちを利用してメリットだけを搾取しようとしていたり、隙あらば蹴落とそうとしたりしているのです。

そんな恐ろしいフレネミーから身を守るべく、フレネミーの特徴や体験談を紹介します。

■自分第一! フレネミーの特徴5つ

1)ギブアンドテイクのテイクだけの人
自分が困った時にはすぐ連絡してくるけど、こちらが助けて欲しい時にのらりくらりとかわしがち。

2)スネ夫タイプの人
みんなの前では褒めたり調子の良いことを言ったりするけど、陰ではいない人の不満や悪口を言う人。

3)口だけは良い人
「あれやりたい!」とか「その彼ひどいね!」と大騒ぎするけれど、面倒なことになると逃げてしまう人。

4)自堕落的で反社会的な人
お金使いが荒かったり、お酒に溺れたり、怠けたりするのに人を巻き込む人。一緒にいると自分がダメになる。

5)人の恋愛を妬む人
恋愛相談を聞くふりをして、自分が一番でないことに腹を立てる。陰で友だちの彼にアプローチしたり、悪い噂を流したりする。

……要約すると、「自分第一&損得勘定で動く人」のこと。表向きは普通の人ですが、深く付き合うとなると少々厄介な人物なのかもしれませんね。

フレネミーにとって友だちとは、利用価値があるかどうか、メリットがあるかどうか、ただそれだけ。でも友だちって、理屈抜きに一緒にいたい人のことですよね。フレネミー恐ろしや……。

それでは実際に身近にいたフレネミー体験談をご紹介します!

■実録! フレネミー被害体験談!

・マネばかりするフレネミー
「某媒体でファッションライターとして活躍中の私。Twitterで絡んできた読者ブロガーが、私の熱狂的ファンを装って、服のブランドを根掘り葉掘り聞いてきた挙句、そのブランドの展示会にまでやって来ました。

さらには同じ媒体のブロガー枠で執筆することになり、私の書き方や紹介するブランドまでマネしてくる始末……。ブロガーの分際でライター気取るなっての!」(24歳・ライター)

・他人の不幸が蜜の味なフレネミー
「彼氏と別れた時、親身に相談に乗ってくれた友人がフレネミーでした。私の再アタックが功を奏し、復縁できそうになったことを彼女に報告したら、やさしい表情から一変、『復縁なんてやめた方がいいよ!』と鬼の形相で大反対された。

それっぽい理由を力説されて復縁を阻止されたけど、なんとか無事復縁。その後、復縁報告をしても素っ気なく、彼氏との幸せな話は一切聞いてくれなくなった。ただ一つ、彼氏とうまくいっていない話を除いては……」(26歳・アパレル)

なんとなく一緒に居て違和感がある人、自分の身の上話はしないのに根掘り葉掘り聞いてくる人、不幸話は聞いてくれるのに幸福話は乗り気じゃない人、そんな人がフレネミーなのかもしれません。あなたの周りにもご注意を……。

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事