春の訪れを感じたい♪ 花の見頃を楽しむデートはいかが?

春の訪れを感じたい♪ 花の見頃を楽しむデートはいかが?

寒さなんて忘れちゃいそう!
まだまだ寒~い冬。だけど、もう春はすぐそこまで来ているんです!

2月から3月に見頃を迎える花は、ちょっぴり早い春の訪れを感じさせてくれますね。そんな花の見頃を堪能できるスポットをいくつかご紹介しちゃいます♪

■河津桜(静岡県)

わぁ~! ピンク色の桜がとってもキレイですね。お花見といえば春のイメージですが、こちらの河津桜は2月から楽しめちゃうんです。

伊豆の河津で2月上旬から開花が始まり、本州では早咲きの桜に分類される“河津桜”。ソメイヨシノの品種に比べ、濃いめのピンク色が特長。開花から約1カ月間を経て満開になるので長くに渡り楽しむことができ、いちばんの見頃は満開になる前の六~八分咲きと言われる。

4kmの河畔には約800本の河津桜。鮮やかなピンク色と菜の花の黄色のコントラストがとっても美しい光景ですよね。河津川沿いでは、今年で第26回となる河津桜まつりも開催されます。
夜桜がロマンチック! ムード満点のデートを楽しめそう。桜並木のライトアップは河津桜まつり期間中は毎日開催♪ ぜひ足を運んでみては。

<スポット情報>
伊豆 「第26回河津桜まつり」
静岡県賀茂郡河津町
TEL:0558-34-1560
開催期間:2016年2月10日(水)~3月10日(木)

■北野天満宮(京都府)

#白梅 #宝物殿 #whiteplumblossoms #kyoto #japan

Instagram kyotoさん(@helvetica)が投稿した写真 -

梅の見頃を迎えているのは、京都府にある北野天満宮! 全国天満宮の総本社であり、菅原道真公を御祭神としてお祀りする、由緒正しい神社です。
色とりどりの美しい梅は50種類、約1500本もあるとか! 中には赤と白の2色の梅の花を咲かせる、「思いのまま」と名付けられた種類の梅枝もあるそうですよ。

例年2月上旬から3月末頃まで長く楽しめる梅の花。2月25日(木)には梅花祭も行われるので、早春の京都で花の美しさを楽しんじゃおう♪

<スポット情報>
北野天満宮
京都府京都市上京区馬喰町北野天満宮社務所
TEL:075-461-0005

■湯島天神(東京都)

同じく梅の名所として親しまれている湯島天神では、紅白の華やかな梅の花を楽しむことができますよ。
小さく可憐な白い花がとってもキレイ! 梅の木は約300本。梅の香りを感じながら、境内をのんびりデートするのも楽しそう。

「12月下旬頃から咲き始める“冬至(とうじ)”のような早咲きの白梅や、2月中旬頃に花開く薄紅色の“豊後(ぶんご)”のような遅咲きの梅もあり、時期によって異なる花を楽しんでいただくことができます。何度か訪れて、見ごろの違いを楽しむ、という方も多いですよ」と、湯島天満宮の押見さん。

梅の種類によって咲く時期も彩りも異なるんですね。少しずつ移り変わる美しい梅の園を堪能して。

<スポット情報>
湯島天神 「第59回文京梅まつり」
東京都文京区湯島3-30-1
TEL:03-3836-0753
開催期間:2016年2月8日(月)~3月8日(火)

今しか楽しめない晩冬の美しさ。休日のデートスポットとしてぜひ行ってみてくださいね。

(伊東ししゃも+ノオト)

関連記事