「日本人女性は海外でモテる」? パリに住んで感じたこと

「日本人女性は海外でモテる」? パリに住んで感じたこと

【海外恋愛レポートvol.2】
パリに住む筆者が、パリの恋愛文化についてお伝えします。

「日本ではモテない女性が、海外に行くとモテる」という話、聞いたことあるのではないでしょうか? 結論から言うと、それは本当です。日本でモテなかった私が、世界で婚活してみたらモテたので本当です。

ではなぜ日本ではモテなかった人が、海外ではモテるのでしょう? それは、日本の「モテ」と、日本の外である世界での「モテ」の基準は違うからです。さらに言うと、「モテ」のバリエーションが格段に増えるから。日本を出てみると、日本の「モテ」というのが、いかに限定されたイメージかというのがわかります。

私はそのせいで、日本を出てみる前まで随分苦しみました。私は日本で婚活をしている時、「結婚をしたいのならば『モテる』女にならなければ!」と本気で思い込んでいました。私が思い込んだ「モテ」の定義とは、「ゆるふわ」女子なるものでした。
はっきりと考えを言う女性より、「へー」「すごーい」「そうなんだ!」と、男性の話しを聞ける「ゆる」さ。ヘアやメイクもケバいのでなく、ピンクのチークが入って、「ふわふわ」した素材や色の洋服を着こなして、フェミニンであること。小動物のように、愛くるしい女性。

私の世代では、ファッション雑誌のモデル「エビちゃん」がイメージです。最近で言えば「石原さとみさん」が、ド直球で「ゆるふわ」だと思っています。

どういう感じの女性が「ゆるふわ」かは、痛いほどわかっているんです。でも、自分がそれに近づけるとは思えない……。だからこそ、私の婚活は難航しました。葛藤に葛藤を重ねました。結果、こじらせまくって、苦しくって、たまらなくなりました。

しかし、苦し紛れに世界で婚活したらあっさりモテたので拍子抜けしました。「日本に帰っている場合じゃない!」と目覚めて、日本を脱出して今パリにいるというわけです。

次回、世界ではどんなモテがあるのかを紹介してみようと思います。「ゆるふわ」なんて通じない、世界の「モテ」のバラエティ、お楽しみに。

関連記事