まるでおうちカフェ! おいしいガレット作りにチャレンジ

まるでおうちカフェ! おいしいガレット作りにチャレンジ

香ばしい生地に、卵とチーズがトロ〜リ
トーストや卵かけごはんもおいしいけれど、たまにはステキなモーニングを過ごしたいよね! そんなあなたにはフランスの郷土料理でもある「ガレット」をオススメしちゃいますよ~!!

え、難しそう? いえいえ、そんなことないんです。

■基本のガレット

まずは基本のガレットの作り方から。材料はこちら!
【生地(4~5枚分)】
・ そば粉 200g
・ 水 300ml
・ 牛乳 50ml
・ 卵 1個
・ 塩 ひとつまみ
・ オリーブオイル 小さじ1

【トッピング(ガレット1個分)】
・ ハム 2~4枚
・ 卵 1個
・ ピザ用チーズ
・ 粒胡椒 少々

生地はこちらの分量で4~5枚分。「え……ちょっと多いんだけど……」と思ってしまったあなた、大丈夫ですよー!

生地は焼いたあと、ラップに挟んで重ねて冷凍することができるので便利なんです♪ 次に使う時には、凍ったままの生地をお好みのトッピングと一緒にフライパンに乗せて、火を通すだけ。忙しい朝にも生地さえあればカンタンにガレットが作れちゃう!

では、さっそく作り方を見てみましょう♪
1)生地の材料を全てボウルに入れ、混ぜ合わせます。その時ダマにならないように、水と牛乳は少しずつ加えてくださいね。

2)ラップをして冷蔵庫で1時間~半日程度寝かせます。寝かせることで、そば粉と水が馴染み、生地が扱いやすくなるそうですよ。ただし、こちらの行程は省いてもOK。生地の伸びがちょっとだけ悪くなりますが、筆者の主観としては風味はあまり変わらないように思います。
3)熱したフライパンにサラダ油を入れ、おたま1杯分の生地を流し込みます。フライパンを揺らして薄く広げたら、ハム→チーズ→卵の順にトッピングを乗せてしばらく弱火~中火で焼きます。

この時、ハムとチーズで土手を作ってあげると、卵が上手に真ん中に収まりますよ(※筆者は写真の通り、上のほうから少し卵が流れ出てしまっています……)。

4)生地の端が焼けてきたら、4辺を折り、四角形に整えます。

5)卵がお好みの硬さになるまでフタをして蒸し焼き。筆者は5分ほど焼きました。
6)お皿に盛りつけて完成! 粒胡椒を振ってあげたり、バジルやベビーリーフなどを添えてあげたりするとオシャレ感が増しますね。

生地の独特の風味と、アツアツのチーズ、とろっとろの卵が相性バッチリ♪ チーズとハムの塩気が効いている一皿です~。

■トッピングを変えてみよう♪

トッピングを変えればまた違った味わいに♪ こちらはきのことベーコンのガレット。エリンギ、しめじ、ベーコンをあらかじめ炒めておき、チーズとともにトッピング。炒める際に、筆者はガーリックとハーブソルトで味付けをしたので、ちょっぴり大人な味わいになりました。
ホイップクリーム、バナナ、いちご、粉糖をトッピングすればデザートにも大変身♪ デザートガレットを作る場合には、フライパンで生地を両面焼いたあと、冷ましてからトッピングを乗せてくださいね。

アレンジ次第でいろんな味が楽しめちゃうガレット。オシャレなおうちカフェ風の朝ごはんってステキ! あなたもぜひお気に入りのトッピングで、ガレット作りにチャレンジしてくださいね。

(伊東ししゃも+ノオト)

関連記事