斬新すぎる! 逆ハンバーグで玉ねぎ丸ごとの甘みを堪能して♪

斬新すぎる! 逆ハンバーグで玉ねぎ丸ごとの甘みを堪能して♪

ダイエットにも?
煮物や炒め物など、いろんな料理に幅広く使われる玉ねぎ。でも、ほとんどの料理がメインではなく、どちらかというと脇役的な使われ方です。しかし、最近話題を呼んでいる「逆ハンバーグ」は、玉ねぎをメインとした料理。名前の通り、お肉と玉ねぎが逆になったハンバーグなのです。
ピーマンの肉詰めならぬ、玉ねぎの肉詰めです。 玉ねぎが好きな人には、もってこいの料理! インパクトのある一品です。
逆ハンバーグにとろ~りチーズがおいしそう! 玉ねぎも程良く焦げができていて、甘くなってるんだろうな〜。

作り方は動画でチェックしましょう。
玉ねぎで包みこむ!『逆ハンバーグ』【もぐー】
(出典 : YouTube/もぐー
玉ねぎの原型を残して丸ごと使う……今までありそうでなかった料理ですね。ところで、みなさんは、玉ねぎが健康食材であることを知ってますか?

たまねぎには、辛みと刺激の正体である『硫化アリル』という成分が豊富に含まれている。硫化アリルは血液をサラサラにし、動脈硬化の原因となる血栓やコレステロールの代謝を促進、血栓を出来にくくする作用がある。 高血圧、糖尿病、脳血栓、脳梗塞などの生活習慣病(成人病)の予防に効果的だ。

全身を巡る血液に健康効果大ってことですね! 最近では、若い世代の生活習慣病が増えているようです。身体に良いものを食べて、健康でありたいですよね。でも、具体的にどんな食べ方をするのが良いのでしょうか?

たまねぎを、肉の中でもビタミンB1が多い豚肉と一緒に調理すれば、高い疲労回復効果が期待できる。

豚肉と一緒に食べるのがおすすめとのこと。ということは、逆ハンバーグのひき肉を、豚ひき肉(もしくは、合いびき肉)にすれば、疲労回復にも生活習慣病の予防にもうれしい料理になるのでは! 疲れが溜まっている方や生活習慣病が気になる方は、ぜひ逆ハンバーグを豚ひき肉で試してみてね!

(やまかわきよえ+ノオト)

関連記事