本気で好きになれない!? 大人の困った恋愛事情

本気で好きになれない!? 大人の困った恋愛事情

理想と現実がどんどん乖離していく…
学生の時はカジュアルな恋愛も本気の恋愛もたくさん経験してきたのに、社会人になってからはめっきり恋に落ちることがなくなってしまった……そんな女性は少なくないはず。

それは学生の時のように無条件で人を好きになることができなくなるからではないでしょうか。大人になればなるほど結婚や将来を意識するため、男性の職種や収入などのスペックを気にしたり、立場をわきまえたり、理性が勝ったり、何かと本気で人を好きになりづらいのかもしれません。

本当は夢中で誰かを愛したいのに、なかなか恋愛できない原因についてまとめました。

■本気で恋愛できない理由1「愛情を可視化したがるから」

友だちに言わせれば、「ミホって寂しい人だね」と言われるけど、愛情という形が見えないものを、どうやって形にするかといえば、お金しかないんじゃないでしょうか。

大人になればプレゼントや食事代、デート代といった「愛情の代替としてのお金」を使ってもらう機会が増えていきます。お金は目に見える形の愛情なので、愛されていると実感しやすいですよね。

ですが、愛情は見るものではなく感じるもの。相手の言動やまなざし、空気感から、愛情を感じ取る感覚を忘れないようにしましょう。

■本気で恋愛できない理由2「体力的に余裕がないから」

昔は終電で別れた後、離れがたくて『やっぱりもう少し一緒にいたい!』なんてことが恋愛のきっかけになっていました。でも最近は疲れてるのでタクシーで帰ってしまうし、お酒が入ると眠気のほうが勝つこともしばしば。飲まないと恋愛モードになれないタイプなので、夜中に行動するパワーがないと恋愛は難しいです

仕事に邁進中の女性は、忙しくて恋愛に割く時間も余裕もなかなか取れないもの。というよりも、恋愛より仕事が楽しい時期というものが大人にはありますよね。

仕事を言い訳に恋愛できない自分を正当化しないようにしたいものですね。本当にキラキラしている人は、仕事も恋愛もプライベートも謳歌しています。

■本気で恋愛できない理由3「付き合うことのメリットを考えてしまうから」

異性に対してだけでなく、人間関係全般に対して、すぐに計算を持ち込む人はたくさんいます。「良い加減」な姿勢こそが、相手に本気になる出発点かもしれません。

恋愛に対して打算的になっていることはありませんか? 付き合うことで得られるメリットや、世間からの評価などを気にし過ぎるあまり、相手の人間性や相性というものに目が行かなくなっていませんか?

合コンやお見合い、街コンでは、相手のスペックや足元を見て、相手を値踏みする傾向にあります。もっとありのまま相手を見てみると良いかもしれませんね。

上記を踏まえ、久しく恋愛をしていなかったアラサー独身女性が、本気で人を好きになったきっかけについてご紹介します。

■こじらせ女子が本気で恋愛できた理由

「今まで年下男性には興味がなかったのに、街コンで知り合った男性と仲良くなって、聞いてみれば私より2つも年下だということが判明。年下は頼りない・甘えん坊・経済力がないと勝手に決めつけていたけど、私よりもしっかりしていて……今まで自分で恋愛の選択肢を狭めていたんだなと思った」(27歳・医療)

「会社を辞めてバックパッカーをして世界を回っている時、知り合ったのが今の彼。日本では相手の年齢や職種を意識しすぎてかしこまった会話しかできなかったけど、そんなの全部取っ払った自然な出会いが、自分らしさを引き出してくれたみたい」(28歳・教育)

いかがでしたか? しばらく恋愛から遠ざかっている大人の女性のみなさん、上記に心当たりがないか振り返ってみると良いかもしれません。

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事