繋ぎたいけどちょっと待って! ベトベト手汗の対処方法

繋ぎたいけどちょっと待って! ベトベト手汗の対処方法

ハンカチが手放せない!!
寒い季節のデート時には、彼と手を繋いで温め合いたいですよね。でも、手汗がひどくて……と、ためらってしまう人が意外に多いんです。
繋ぎたいけれど繋げない……。切ない悩みの原因は何なのでしょうか?

手汗が出やすい方は、「自律神経」のバランスが乱れている可能性があります。内臓や血管などの働きを調節している自律神経は、交感神経と副交感神経という2種類で構成されています。
(中略)
ストレスや睡眠不足で交感神経だけが過敏に働く状態が続いたり、不規則な生活により自律神経のバランスが崩れたりすると、体にさまざまな不調があらわれます。発汗異常も、この不調のひとつです。

たかが手汗、されど手汗! 運動不足や肥満などではなく、神経に原因があるかもしれないとは……。意外に根深い原因があったのでした。

では、自律神経を整えるにはどうしたら良いのでしょう?

実は爪の付け根には神経線維が集中しています。この部分を指で強い力で押したりもんだりすると、血流がよくなり副交感神経の働きが活発になります。マッサージの目安は指一本につき10秒ほど。指先がぽかぽかとして「気持ちいい~」と感じる程度に行いましょう。緊張がほぐれ、心が穏やかな状態になりますよ。

リラックスする時に働く副交感神経を活性化するための、爪の付け根をマッサージ。これなら、道具もいらず、簡単にできますね。必ず全部の指をまんべんなく揉むようにしましょう。深呼吸をするのも古典的なリラックス方法。こちらも気軽にできますよね♪

スマートフォンを操作することで、脳に刺激が与えられますが、これを寝る前に行うと「交感神経」が活発になります。

また、ついやりがちな寝る前のスマホ操作。これをしてしまうと、緊張や興奮を司る交感神経が活発になってしまうそう。彼とのLINEやゲームもベッドではしないようにしましょう。

自律神経はすぐに鍛えられるわけではないので、毎日少しずつ習慣を変えて、整えるようにしましょう。手汗以外のカラダの不調も改善されるかもしれませんよ。

じゃあ、今すぐどうにかしたい場合は?

手のひらの中心(握ったときに中指が当たる場所)にある「労宮」というツボを押しましょう。刺激すれば、大きなリラックス効果を得ることができます。ゆっくりと深呼吸をしながら、「労宮」を5秒刺激したあと、5秒離します。この動作を繰り返し行うことで、より効果がアップします。

即効性のあるというツボ押しがオススメ。待ち合わせ場所につく5分前には、ぜひこのツボを押してみて! 「ツボを押したから大丈夫」という安心感があれば、よりリラックスできて、自信を持って手を繋ぐことができちゃうかもしれませんよ。

(田中いつき+ノオト)

関連記事