覚えておきたい! 飲みすぎちゃった日に試したいこと&予防法

覚えておきたい! 飲みすぎちゃった日に試したいこと&予防法

たのしく飲んじゃお
今日は飲みすぎちゃったなぁって思った時、心配なのが翌日の二日酔いですよね。頭痛や吐き気、倦怠感などが襲ってきて後悔……なんて経験がある人もいるのでは? そこで今回は飲みすぎちゃった時に試したいことと予防法について調べてみましたよ。

■そもそもどうして二日酔いになるの?

本当にツラい二日酔いですが、同じ量を飲んでいても平気な顔をしている人もいますよね。どうして二日酔いが起こってしまうのかというと……

アルコールは肝臓で分解されますが、肝機能の限界を超える量を飲むと、有害物質のアセトアルデヒドが体内に残り、動悸や吐き気、頭痛などを引き起こします。これが二日酔いです。

肝機能と関係しているのですね。人によってアルコールを分解する酵素の活性が違うようです。なのでお酒に強い人や弱い人がいるんですね。

■飲む前に気を付けたいこと

話もはずみ楽しい時間が過ぎるにつれて、お酒の摂取量も増えちゃいますよね。次の日にお酒を残さないために、飲む前に気を付けたいことを覚えておきましょう!

【空腹は避ける!】

空腹時にお酒を飲むと、胃がからっぽなため、あっというまにアルコールが吸収され、酔いが全身に回ります。また、胃壁を守るものがないため、強いアルコールの場合には、胃の粘膜が直接おかされることになります。

お腹が空いている状況だと酔いがまわるのが早くなってしまうみたい! 乾杯が終わったら少しだけ口を付けて、先にお腹に料理を入れちゃうのが得策です!

■ついつい飲みすぎてしまったら?

気を付けていたつもりでも、飲みすぎちゃうことって多いですよね。そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

二日酔いの身体は脱水症状を起こしています。まずは水分をたくさん摂って下さい。
脱水症状によって不足している水分を補給してあげること。さらには尿をたくさん出してアルコールやその分解産物を追い出してしまうことです。
(中略)
また、二日酔いの時には低血糖の症状も併発していますから糖分を積極的に摂ることも必要です。

まずは水分補給! そして糖分を摂ることが大切みたい。翌日に残りそうなお酒を飲んだ時には積極的に水分を摂り、糖分を摂取しましょう。

■二日酔いにおすすめの食べ物って何があるの?

二日酔いを軽減させるためには何を食べればいいのか覚えておきましょう!

【グレープフルーツ】

アルコール解毒作用を助けてくれるビタミンCを多く含んでいます。また、クエン酸も豊富で、唾液や胃液の分泌を活発にするため、消化促進なども助けてくれます。さらに果糖は、ビタミンC同様にアルコール分解をサポートしてくれる成分ですので、飲酒の後にはオススメの食材といえるでしょう。

飲み会の最後に、グレープフルーツジュースを頼むと良さそうですね。アルコール解毒にはビタミンCがキーポイント。同じくビタミンCたっぷりの柿もおすすめの果物なんですよ。

【しじみ】

しじみにたくさん含まれているといわれるオルニチンは、アンモニアの分解を促進してくれます。

飲みすぎちゃってツラい朝には、しじみのお味噌汁を飲むのが良し。しじみパワーをたっぷり得るために身までしっかり食べましょう。

【はちみつ】

「はちみつには、果物の大半には含まれない果糖の一種が含まれる。その果糖がアルコールの分解を促進し、頭痛を軽減させる」と科学的に検証した。

飲みすぎちゃった時に一番キツいのが頭痛ですよね。そんな時にははちみつを舐めてみて! なんと頭痛が軽減されちゃうんですって。

この他にもクエン酸が豊富な梅干しやビタミンCが豊富な食べ物を食べると、ツラい二日酔いの症状が軽減されるので、飲み会の前に冷蔵庫に用意しておくと良いかも!

いかがでしたか? この他にも自分のペースで飲むことも大切です。新年会などでお酒を飲むことが増える季節ですが、予防法や対処法をしっかり覚えて、楽しい時間を過ごしてくださいね。

(まつだあや+ノオト)

関連記事