ニューヨークで話題★ オシャレなフードコートTOP3

ニューヨークで話題★ オシャレなフードコートTOP3

【コヤナギの切り身vol.27】
ざっす!

珍しい食べ物は抵抗なくトライするコヤナギユウだよ〜。エキゾチックなローカルフードから、日本の郷土食、見た目がかわいいケーキまで、食べたことがないものが大好物!?

そんな珍しい食べ物好きなコヤナギが、先月のニューヨーク旅行でハマったのが「フードコート」。ニューヨークでは今、オシャレなフードコートが流行っているみたい。というわけで、今回はオシャレでおいしい&話題のグルメが楽しめるニューヨークのオススメフードコート・コヤナギ的TOP3をご紹介。

■BEST3:アーバンスペース・ヴァンダービルト

グランドセントラル駅の真裏に、2015年9月にオープンしたばかりの新スポット! 入り口がシンプルで一見見落としそうなのでご注意を。

広くはない敷地の中に21店舗の「話題の名店」が軒を連ねている。注目のブルックリン発サードウェーブコーヒー店から、日本のカレー店(!)、行列必須のピザ「ロベルタス」などなど、「話題」も「話題」のお店ばかり! 「Takumi Taco」という和風(!)タコス屋さんが気になった。わたしが行った時はチーズやチョコレート、ジャム、ピクルスなどの出店もやってたよ。
(店員さんも美男美女多し)
そこでコヤナギがチョイスしたのは……
赤ワイン!? 買い食いいっぱいして、全然お腹空いてなくて……食べ物入らなかったのが心残りです……。

<スポット情報>
UrbanSpace Vanderbilt
230 Park Ave, New York, NY

■BEST2:チェルシーマーケット

チェルシー地区にあるショッピングモール。オレオクッキーの工場だった建物をリノベーションして1997年にオープン、2013年に改装して一層オシャレに。洋服から雑貨、キッチン周りやちょっとしたリノベ用の日曜大工品まで幅広い品揃え(しかも全部オシャレ!)で、食べ物の方も大充実。チョコブラウニーの有名店や、アッパーなホテルに卸しているパン屋さん、オリーブオイルの専門店、ロブスタープレイス、スープ専門店が軒を連ね、イートインスペースも充実。いろいろなお店でお気に入りを買い集め、自分だけのディナーを作るのも楽しい。
ここでわたしが選んだのは、アメリカらしく「バッファローウィング・バーガー」! バッファローウィングとは、チキンのフライを甘辛酸っぱいソースに絡めたアメリカのソウルフード。これをバーガーに!? と珍しく思いチョイス。B級グルメの味がしたよ!
<スポット情報>
Chelsea Market
75 9th Ave, New York City, NY

■BEST1:ガンズボートマーケット

(なんとなく、ニューヨークではムリにニコニコしなくて良い気がして楽な顔してる)

元精肉業者店が軒を連ね、現在はオシャレエリアとして有名になったミートパッキングエリアにあるフードコート! 2014年10月にオープン、築200年の建物をリノベーションして作られたそうだけど、トイレもイートインスペースもオシャレ! ナチュラル&ヘルシーなお店が多く、見てるだけでも目移りしちゃう。
しかもモデルさんとおぼしきオシャレな人から、プラッとやってきた真冬なのに半袖の地元のおじさんまで入り乱れる空間はなんだか心地良くて、時間が限られる観光滞在中にコヤナギは2度も行っちゃったよ。シンプルなレモンと砂糖のクレープ、おいしかったなぁ。

またかわいいフードコート見つけて買い食い。ランチ食べなかったし!

Yu Koyanagiさん(@koyanagiyu)が投稿した写真 -

<スポット情報>
Gansevoort Market
52 Gansvoort Street New York, NY 10014

ニューヨークでここ数年、どんどん増えているというオシャレなフードコート。珍しくて話題の食に、カジュアルに出合い、味わえるのが何よりの魅力。こういった店舗形態はきっと近年日本にも輸入されてくるはず。その時はぜひ、この記事のことを思い出して「知ってるよ」ってドヤってね!

ここまで読んでくれてざすざす!

ああ、旅に出たくなるね!

関連記事