酔って電話しちゃう人必見! 泥酔時のトラブル防止アプリ

酔って電話しちゃう人必見! 泥酔時のトラブル防止アプリ

二日酔い予防ドリンクを買う前にインストール!
お酒が進むとつい時間を忘れて飲み続けてしまったり、飲みすぎて他人に迷惑をかけてしまったり……。お酒好きなら、そんな失敗談を誰もが一つは持っているものです。「もう二度と飲み過ぎない!」と誓っても、飲み会の場に足を運ぶとそんな記憶もどこかに飛んで行ってしまって、また同じ過ちを犯してしまう人も少なくないはず。

今回は、そんな人にぜひインストールして欲しい「お酒の失敗予防アプリ」をご紹介します!

■駅着いったー

お酒が入るとつい眠くなってしまって、帰りの電車で乗り過ごしてしまった経験はありませんか?

こちらは、GPS機能を使って乗車中の電車がどこを走っているのかを把握し、目的の駅が近づくとアラームでお知らせしてくれる便利なアプリです。

イヤホン使用時には駅名アナウンスのほかにベルや設定した音楽で知らせることができますし、バイブレーションを使って知らせることもできます。また駅は5つまで登録できますので、乗り換えが必要な場合でもいちいち切り替える必要はありません。

使い方はこちらの動画に詳しくまとめられていますよ!
iPhoneアプリ「駅着いったーVer.3.0」の使い方
(出典 : YouTube/TRYCALCO
実際に愛用している人の間では、この「駅着いったー」に助けられたという人も……
飲み会の帰りだけでなく、通勤や通学、旅行先での乗り過ごし防止にも役立ちそうですね! 「駅着いったー」はiOS版のみの対応です。

■Drunk Mode

こちらはダウンロードしてユーザー登録をすると、泥酔時のトラブル防止に一役買ってくれる下記のようなユニークな機能を使うことができるアプリです。

・連絡してはならないコンタクト先を隠す……酒を飲んだときに、連絡するとマズい相手の連絡先を12時間隠す。
・Uber との連動……家まで安全に送り届けてもらうことができる。
・GPS による友達検索……自宅に戻る際に連れ添ってくれる友人がいないか、簡単に見つけられる機能。
・ロケーションのロギング機能……貴重品をどこかに置き忘れてきたときに、それをたどる上で便利な機能。

設定を解除するには簡単な計算問題を解かなければならないため、泥酔時に誤って機能をOFFにしてしまうこともありません。

残念ながら日本語版には未対応ですが、使いたい機能だけでも平常時に使う練習をしておけば問題なさそう。こちらはiOS版とAndroid版の両方でリリースされていますよ。
もちろん飲み過ぎないことが一番ですが、アプリで泥酔時のトラブルを防いでもらうというのもユニークですよね。飲み過ぎで「黒歴史」を刻むのはこれでおお終いにしましょう!

(みさくらけいこっ+ノオト)

関連記事