脱・非モテ! 実は外国人って意外と日本人女子がお好み!?

脱・非モテ! 実は外国人って意外と日本人女子がお好み!?

【海外恋愛レポートvol.1】
パリに住む筆者が、パリの恋愛文化についてお伝えします。

「今年こそは素敵な出会いがありますように!」と、初詣で願を掛けた人、少なくないのではないでしょうか?

フランスではクリスマスが始まる前から大連休モードに入り、24〜25日と家族でごちそうを食べて、だらだらと過ごします。

そして31日は友人らが集まってカウントダウン・パーティーをするのが決まりです(こんなところでも出会いのチャンスが転がっていたりするわけですが)。

フランスでは日本のような怒濤の忘年会や仕事納め、年越し蕎麦に、初詣などなど、気持ちを新たに新年を迎える行事がありません。だから、なんだかしらけたままの元旦を迎えてしまうのがちょっと残念です。

2016年「Happy New Year!」と言ったって、路上にはまだまだクリスマス・イルミネーションが取り払われないままだったりするんですから。

さてさて、そんなフランスから2016年も、海外の恋愛事情についてお伝えしていこうと思います。
撮影/ayaka nakamura
なかでも、「出会いがない」と言っている日本人女性のみなさまへ。2016年こそ国際的な出会いや、はたまた国際結婚への道の具体的なアドバイスや注意事項に触れていこうと思っています。

なんといっても、日本人女性であるというだけで世界的にモテモテであるということを知らない女性が多すぎます!

日本には素敵なシングル女性があふれているというのに、世界でその需要があることを知らないとはもったいないと、これまで何度思ったことか……。

それは日本ではモテることのなかった私自身が、日本の外を出た途端に、モテる国がいくつもあると発見したこと。

また、世界婚活で各国を周るなかで「『日本の女性は素晴らしい』と聞いたのだが、誰か紹介してくれないか?」というのはよく聞く言葉であるということからも実感しています。

もちろん、外国人パートナーというのは一つの選択肢にすぎません。無理して外国人とお付き合いしろともいいません。

でも、「出会いがない」と嘆いて一生1人で生きて行くくらいだったら、ここでちょっと勇気を出したり、語学の努力をしたりするだけで、新たな可能性が花開くということを知って欲しいなとも思うのです。
世界婚活をして、パリで最愛の人と出会い結婚した私のところへは、時折「外国人の彼との関係について相談があります」なんて相談メールがやってきたりするのです。それはやはり、まだ周りに相談できる体験者がいないからだと思います。

外国人のパートナーとのお付き合いと日本人同士のお付き合いでは何の変わりのない点もあれば、外国人であるからこそ気を付けなければいけないこと、意識しなければいけないこともあります。

特に、まだまだ身近に外国人が少ない日本であっては、「外国人なる人間が日本人とはどういう文化や価値観の『違い』を持って育って来たのか?」ということすら実感が持てないだろうと思います。

この「違い」こそ、外国人のパートナーと付き合う上での醍醐味でもあり、大変さでもあります。

今年は、外国人パートナーとの恋愛や結婚のあれこれを具体的にお伝えしていこうと思いますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

2016年、素敵な出会いがあなたに訪れますように!

関連記事