九州産のブランド銘柄3種類を食べ比べ!「アンダーズ 東京」に限定イチゴスイーツ4点

九州産のブランド銘柄3種類を食べ比べ!「アンダーズ 東京」に限定イチゴスイーツ4点

OZネタ 【グルメ】 期間限定メニュー
1月に入って旬のイチゴを使ったスイーツが花盛り。虎ノ門の憧れホテル「アンダーズ 東京」の1階にある「ペストリーショップ」でも、2016年1月1日(金・祝)から31日(日)までの期間、「ストロベリープロモーション」と題したイチゴフェアを開催し、イチゴのおいしさを満喫できるスイーツが店頭に並ぶ。しかも、九州のブランドイチゴ「あまおう」「さがほのか」「さちのか」にフォーカスしているとか。

特に注目は、フリーズドライのイチゴを入りのホワイトチョコレートに、左からさがほのか、さちのか、あまおうをひとつずつ並べた「ストロベリーアソート」(650円)。3種類を一度に食べ比べることができるなんて、贅沢!

「まずはこちらでお好みのイチゴを見つけるのもおすすめです」と、広報担当の浅井さん。さらに、それぞれのイチゴの特徴を活かした3点のスイーツについても教えてもらった。
佐賀県産の「さがほのか」は、穏やかな酸味が味わえるイチゴ。その特性を活かしたのが、「ストロベリータルト(さがほのか)」(550円・写真手前)。サクサクとしタルト生地と濃厚なカスタードクリームに、果実感のしっかりした「さがほのか」が相性抜群!

一方、甘さと酸味のバランスがいい長崎県産の「さちのか」は、その色鮮やかさと香り高さも評価が高いイチゴ。これを使った「ストロベリートライフル(さちのか)」(550円・写真奥)は、新鮮な果実だけではなく、ゼリーやスポンジに姿を変えても鮮やかな赤が楽しめるのがポイント。
糖度が高い九州のイチゴといえば、なんといっても福岡県産の「あまおう」が有名。「ストロベリーロールケーキ(あまおう)」(500円)は、その本来の味を引き立てるために、甘さを抑えた生地と生クリームとともにカットしたイチゴを包み込んだ一品。しっとりとした生地と柔らかな果肉が口の中でとろけるよう。

ブランドイチゴを堪能できる美ルックスのスイーツは、女友達への手土産にしても喜ばれそう。一緒に食べ比べて、お気に入りを見つけて。

関連記事