今さら聞けない! おみくじにまつわるエトセトラ

今さら聞けない! おみくじにまつわるエトセトラ

小吉と末吉、どっちが上なの?
1年の始まりには初詣。その時におみくじを引く人も多いですよね。でも、こんな疑問も。
確かに、何気なく今まで引いてきたおみくじだけど、知らないこともたくさん。今回はそんなおみくじのアレコレについて学んじゃいましょう。

■おみくじって何?

そもそもおみくじは何のために作られたものなのでしょうか。

古くは国の政(まつりごと)に関する事項を決める際に、神の意志を占うために「くじ」を引いて決めていたのがはじまりと言われています。 今では参拝にいらした個人がその吉凶を占うために行われています。

その起源は平安時代に遡るとか。とっても歴史の長い文化なのですね。昔の人もおみくじの吉凶に一喜一憂したのかなぁ……?

■おみくじの内容を知る

社寺それぞれで特徴のあるおみくじですが、一般的にどのようなことが書かれているのか、じっくりと見たことはありますか?

その内容には、大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶という吉凶判断、金運や恋愛、失(う)せ物、旅行、待ち人、健康など生活全般に亙る記述を見ることができます。また、生活の指針となる和歌などを載せているものもあります。

吉凶の判断については、これもおみくじによってまちまちなのですが、この6種類の他にもっと細かく分類されているものもあります。一般的に、「大吉、中吉、小吉、吉、半吉、末吉、末小吉、凶、小凶、半凶、末凶、大凶」の順番だそうですよ♪

■おみくじって結ぶの?

もう1つの疑問。よくおみくじを引いた後に木や紐に結びつけている人がいますよね。あれって、必ず結んだほうが良いのでしょうか。実は社寺によって見解は異なるようです。

● おみくじには神や仏からのありがたいメッセージやパワーが秘められているので、吉凶にかかわらず記されている教訓を戒めるつもりで持ち歩き、後にお礼を込めて納める。
● 自分にとって都合の悪いおみくじはその場で結びつけ、さらなるご加護を願う。良いおみくじは持ち帰り、後日境内に結ぶ。

このように、その神社やお寺によって決まりごともあるため、結ぶ前にはよく確認するようにしましょうね。一般的に「結び木」や「結び所」が設置されている場合には、そちらに結ぶと良いようです。木々を痛めてしまうことから、境内の木へ結ぶことを禁止している場合もありますので注意してくださいね。

■おみくじを引く時の決まりごと

なんとおみくじの引き方にも決まりがあるんですって。

神様・仏様に日頃お世話になっている感謝の気持を捧げ、占って欲しい事柄を胸の中で念じます。次に左手でおみくじを引き、それをよく読み、その教訓を胸に刻み込み、持ち帰るか、境内に結ぶかします。

知ってました~? ちなみに「左手」ではなく「利き手とは反対の手」としている説も多いようです。これは、「自分の意思ではなく、神様の意思を反映しやすい手」だからだそうですよ。これからちょっとだけ意識して引いてみると良いのかも~?

筆者も浅草寺で参拝をした後、おみくじに挑戦。
なんと第一番の大吉を引いてきました! これは何か良いことがありそう~。

おみくじは、良くない結果でも「これから良い方向へ転じる」と言われています。1年で最初の運試し。どんな結果でも、今年が素晴らしい1年となりますように♪

(伊東ししゃも+ノオト)

関連記事