金運アップはあの食べ物! おせちは願いに合わせていただいて♪

金運アップはあの食べ物! おせちは願いに合わせていただいて♪

食べて願掛けしちゃお!
お正月に食べる料理といえば、お雑煮やおせちなどですよね。ところで、毎年何気なく食べているおせち料理ですが、数の子や栗きんとん、黒豆などがどうして入っているのか、なんとなくしか知らない人も多いのでは? そこで今回は知らないと恥ずかしい「おせち」についてしっかり覚えちゃいましょう!

■そもそもおせち料理って何?

元日は年神様をお迎えし、1年の豊作と家族の安全を祈願します。三が日の間は、神様をお迎えしているため、炊事をしないという風習から日持ちのする料理を年末に作っておいて、三が日の間はそれを食べる慣わしがありました。

他にはいつも炊事をしている人を働かせず、ゆっくり休めるようにとも言われているようです。おせち料理が重箱に詰められている理由は、めでたさを重ねるという意味とのこと。

■おせちには何を入れればいいの?

これさえあればお正月が祝えると言われるほどおせち料理に欠かせないのが、祝い肴です。

祝い肴は地域によって異なるようで、関東は「田作り」「数の子」「黒豆」。関西は「田作り」「数の子」「たたきごぼう」の3種類のところが多いようです。ひとりで迎えるお正月でも、この3種類だけは食べておきたい!

#祝い肴 #おせち #黒豆 #数の子 #田作り #cookingclass #古伊万里

Ai????さん(@aiaikokekokko)が投稿した写真 -

あけましておめでとうございます☻

蓮根の花さん(@renkonhana)が投稿した写真 -

■それぞれに込められた願いとは

先ほど紹介した祝い肴やその他の料理に込められている願いについて、しっかり頭に入れておきましょう。
【田作り=実りの多い1年に】

「ごまめ=五万俵」「田作り」ともに五穀豊穣を願ったもの。

昔は小魚を田畑の肥料に使っていたことから「田作り」と呼ばれるように。小さなイワシの乾物を使って作られます。

【数の子=子宝と子孫繁栄に】

数の子は粒が多いだけでなく、親の「にしん」が「二親健在」に通じます。子孫繁栄の縁起物です。

プチプチとした食感がおいしい数の子。塩抜きをする時は真水ではなく薄い塩水で行うと時短になるのでお試しあれ!

【黒豆=元気に働ける!】

「まめ」は元来、丈夫・健康を意味する言葉です。「まめに働く」などの語呂合わせからも、おせち料理には欠かせない料理です。

黒豆の煮方は地方によって異なるようで、ふっくら仕上がるように煮る地方とシワが寄るように煮る地域があるようですよ。「シワが寄るまで長生きできるように」というゲン担ぎもあるのかもしれませんね。

【ごぼう=長く幸せに】

根づく野菜であることから家の土台がしっかりとするようにと願いを込めて。

ごぼうはたたきごぼう(酢ごぼう)にして食べることが多いようです。他にも筑前煮(お煮しめ)に入れておせちに取り入れてもOK!

【海老=長生きを願って】

えびは、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って正月飾りやおせち料理に使われます。

そういえばおせちに入っている海老は真っすぐなるような処理をせずにそのままですよね。それにはこんな願いが込められていたんですね〜。おせちを豪華に彩る海老は頭を残したまま使われます。

【紅白かまぼこ=新たな門出&魔よけ】

蒲鉾は「日の出」を象徴するものとして、元旦にはなくてはならない料理。紅はめでたさと慶びを、白は神聖を表します。

こちらもおせち料理には欠かせないかまぼこ。華やかにしたい時は、絵入りのかまぼこを選んだり、飾り切りにチャレンジしたり工夫して。

【伊達巻き=学問&習い事】

江戸時代、長崎から江戸に伝わった「カステラ蒲鉾」が、伊達者(シャレ者)たちの着物に似ていたので伊達巻と呼ばれるようになったようです。また、昔は大事な文書や絵は巻物にしていたので、おせち料理には巻いた料理が多くあります。

甘くておいしい伊達巻は巻物のような形をしているので、学問や教養を持つことを願う意味があるようです。

【栗きんとん=金運を上げる】

「金団」と書き、財宝という意味があります。色も金銀財宝を連想させる黄色をしています。

金運アップを期待したい人には、栗きんとんは欠かせません! 作るのが面倒な料理はできあいのものも売ってあるのでチェックしてみて。

どの料理に込められた願いも素敵なものでしたね。この他にも「昆布」は養老昆布(喜ぶ)、「レンコン」は見通しが良くなりますように……などの意味がありますよ。

「おせち」を食べる時は一つひとつの願いごとをしっかり考えながら味わってみてくださいね。みなさんがまた良い1年を過ごせますように。

(まつだあや+ノオト)

関連記事