2016年はうぶ髪のアンニュイアレンジでイイオンナに☆

2016年はうぶ髪のアンニュイアレンジでイイオンナに☆

長さ別のレシピ付き☆
お正月や成人式、卒業式など何かとイベントごとが多いシーズン。ヘアスタイルもちょっと工夫したいですよね。でも、今のトレンドはどんなカタチなのでしょうか? またその作り方は? そんな疑問を高円寺でオシャレ感度の高い女子に大人気のヘアサロン「tuta」の塚本麻貴さんに伺いました!

■2016年はアンニュイな雰囲気で!

「今のトレンドはどこかに抜け感というか、やわらかさがあるスタイルが人気です。これをうまく使うことで、気だるさ、アンニュイさを強調できます。あんまりカチっとしたテイストのものより、こういう少しラフな感じのアレンジが今っぽくてかわいいと思いますよ」

全体的にくしゃっとしたディティールが、女性らしいかわいさを引き出してくれるようです。では作り方を塚本さんにレクチャーしてもらいましょう!

■短めヘアはうぶ髪を使うのがポイント!

ではまずはボブ程度の方のアレンジから。
こめかみより上の部分を両サイドから分け取り、後ろでくるりんぱ。ここはあまりタイトにしすぎず、毛を引き出してボリュームを少し出すのがコツ。
先ほど取った毛の下の部分を取り、同じく後ろでくるりんぱ。毛先はピンでくるりんぱの下に隠すように留めましょう。
全ての髪をまとめてもいいし、まだ襟足に髪が残るようなら、そのまま垂らしていてもOK。

くるりんぱは下方で結ぶとアンニュイさが出ますよ。
前髪は、生え際の上1cmの部分を残すようにジグザグに分け取ります。取った毛束をさらに2つに分け、サイドに向けてロープのようにねじっていき、耳後ろにピンで留めましょう。最後に毛束を崩すのを忘れずに。
前髪やもみあげ部分に1cm程度残したうぶ髪。これがワックスなどで質感をふわっとさせると、抜け感ややわらかさが強調されて今っぽいかわいさになる秘訣なんですよ。

■ロングヘアは下方のボリュームが旬☆

続いてはロングヘアのアレンジ!
後ろの髪の上部を分け取り、くるりんぱ。

下の髪はまとめて三つ編みにします。
次に、三つ編みを崩して抜け感を出しましょう。コツは、ゴムで結んだ部分をしっかり持って崩すこと。ここを支えていないとバラバラになってしまう恐れが!
三つ編みをラフにまとめ、耳後ろにピンで留めます。この時、毛先はゴムから内側に折って留めること。
右サイドに残していた髪は、ねじってくるくると丸めて、耳後ろの部分で留めます。
今度は左サイド。髪をねじって後ろに持って行き、くるりんぱの下のあたりで毛先を隠すようにして留めます。
これでヘアが全部まとまりました! 全体のバランスを見て、毛束を少しずつ崩しましょう。

ポイントは、崩す時につまむ毛束は、細めと太めとをミックスさせること。華やかさが出て魅力的になりますよ。
最後に前髪をワックスなどで整え、うぶ髪で空間を作り、抜け感を出せば完成です。

全体的なバランスの目安として、崩す時に下方へとボリュームを持たせること。そうするとルーズな雰囲気になりやすいとのこと。
「どちらのスタイルも慣れている人なら15分。そうでなくても30分あればできます。お手軽なのでぜひ試して欲しいですね。また前方のうぶ髪をうまく使うことで、抜け感が出て、キメすぎていないアンニュイなヘアアレンジが作れます。前髪もいろいろいじって楽しんでくださいね」

いかがでしたか? 一般の人でも15〜30分でできるというヘアアレンジ。これからのシーズンに大活躍間違いナシ! ぜひチャレンジしてみてくださいね。

(原アキラ+ノオト)

関連記事