小技・裏技てんこ盛り! 和装に合うメイク!

小技・裏技てんこ盛り! 和装に合うメイク!

【脱・幸薄メイクのコツVol.12 和装編】
メイクのかゆいところに手が届く的な内容を送る脱幸薄メイク講座、Vol.12です。

今回は晴れ着の着物と、ちょっと変えて浴衣にも使えるメイクをご紹介!

■着物メイク・ベースメイクのポイント!

まずはベース。

着物の場合にはマット〜セミマットに仕上げます。

浴衣ならツヤありで。

着物は顔を少しのっぺりさせてパーツを引き立たせたメイクのほうが映えます。

舞妓さんなんかがそうですね。

逆に浴衣は暑い季節やお風呂上りに着るものだから、少し抜け感があるほうがこなれた感じがするのでお肌にツヤを持たせましょう。
エクセルとレブロンのこちらのパウダーは、プチプラでツヤが出るおすすめアイテム。

もっと具体的にベースメイクアイテムの紹介をすると……
こんな感じ! 参考にしてみてくださいね♪

■着物メイク・眉メイクのポイント!

眉毛は着物ならば「くっきり眉」。アウトラインをしっかりめに書きましょう。

浴衣の場合は「ぼかし眉」。まばらなところを埋める程度か、アウトラインをぼかしてナチュラルに。

■着物メイク・アイメイクのポイント!

アイメイクは着物の場合は気持ち濃いめにしないと着物に負けてしまいます。

写真を撮った時にその負けてる感が、かなり出てしまう恐れも……。

浴衣の場合は普段通りのメイクでも大丈夫!

どちらも「ベージュ系キラキラメイク」と「赤メイク」が似合いますのでその方法を紹介!

あとは「着物の色に合わせる」という方法も◎。

■着物メイク・チークメイクのポイント!

チークは、着物の場合は目元と口元が濃くなるので薄めに。

浴衣の場合では赤チークで血色良く見せましょう。

浴衣の場合は濃くても薄くても案外融通が利きやすいのでお得♪ 加減がわからない人はほっぺに色ができてきたかな? くらいでやめましょう。

■着物メイク・リップメイクのポイント!

リップは着物も浴衣もはっきり色がわかるものがオススメ。特に赤は着物・浴衣の色を選びません。赤以外だとローズや青みを含んだピンクや、コーラルピンクがオススメです。

浴衣でしたら抑えめのベージュピンクもかわいい! しかし着物にベージュ系のリップを合わせると、せっかくの華やかな場面で落ち着きすぎた印象になってしまいます。訪問着ならば良いのですが、晴れ着だったらもったいない!

■着物時のフルメイクが完成〜♪

さてこのような感じでメイクは完成!

ヘアセットを美容院でばっちり決めたらこれであなたも和装美人!

浴衣だったら流行りのくるりんぱなど、セルフのヘアセットでもナチュラルな魅力が出ていいですね♪

着物はなんだかんだで着慣れていないとしんどいですが、華やかなお化粧や血色の良さがそのしんどさを隠せるので、ぜひ試してみてください〜。

さて、次回は1月31日(日)公開。

なかなか布団から出たくなくてついつい寝坊しがちになってしまう、冬の朝にオススメの「時短メイク」をお送りする予定です。

ではでは〜〜。

関連記事