超簡単! おもてなし料理にパスタネストはいかが?

超簡単! おもてなし料理にパスタネストはいかが?

取り分け不要~♪
パスタといえば、パーティー料理の定番中の定番。ボリュームもあり、コストパフォーマンスも良く、おもてなしにはもってこいですよね。でもそろそろマンネリかも……。

しかし、そんな悩みを解決してくれるのが「パスタネスト」! 鳥の巣という意味を持つネスト(Nest)ですが、どのようなものなのか見てみましょう。

300万回を超える再生回数のレシピ動画

Appetizer Recipes - How to Make Spaghetti and Meatballs Muffin Bites
(出典 : YouTube/Allrecipes
この動画が海外で注目され、人気に火がついたようです。パスタネストとは、オーブンで焼いた一口サイズのパスタだったんですね。とってもおいしそう! みなさんはどんなパスタネストを作っているのでしょうか。

Instagramで見つけたパスタネスト

キムチクリームパスタのパスタネストです。パスタの黄色にブロッコリーの緑が良いアクセントに! 1つひとつが小さいので食べやすそうですね。

凍えそうな季節に君は… #ほうれん草 #ベーコン #パスタネスト #うちカフェ

th6さん(@coassement)が投稿した写真 -

こちらはほうれん草ときのこ、ベーコンを使っています。和風な味付けなのでしょうか、おいしそう。
男性の誕生日会には、ボリュームのあるボロネーゼを振舞いましょう。一皿に詰め込む盛り付けもかわいい!
本当に鳥の巣のような大きなパスタネスト!! 生野菜をふんだんに使った、女性にはうれしい一皿。

アレンジ次第でいろんなパスタネストを作ることができそうですね。

筆者も作ってみました!

茹でたパスタを水切りしたあと、ボールに移し、オリーブオイルを絡ませて冷まします。
粉チーズを入れて、全体に絡ませるように混ぜます。焼いた時にチーズが繋ぎとなるので、多いかな? と思うぐらいの量を入れました。
動画ではマフィン型でしたが、筆者はパスタをプリンカップを使用。型にオリーブオイルを塗ってパスタを入れます。真ん中に具を乗せるので、くぼませておくと◎。
具を乗せます。筆者は、市販のミートソースにとろけるチーズをトッピング! これをオーブンに入れ、200℃で15分ほど焼きます。焼き時間はオーブンの性能によって変わるので、あくまで目安にしてください。
ちなみに、型がないという方は、鉄板にクッキングシートを敷き、その上にパスタを乗せましょう。
焼き上がったらカップから取り出し、完成です! 外側はカリッと、中はもっちりしたパスタになりました。粉チーズもいいアクセントに♪
いつもの食べ方に飽きてしまったという方、ぜひ1度試してみてください。パーティーでもウケが良いこと間違いなしですよ!

(やまかわきよえ+ノオト)

関連記事