冬至には何食べる? あったかご飯でココロもほかほか

冬至には何食べる? あったかご飯でココロもほかほか

さむ~い季節に!
2015年12月22日は冬至。かぼちゃを食べたり柚子湯に浸かったり、冬至ならではの過ごし方には昔の人たちの知恵がいっぱい詰まっているんです。

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」のつくものを運盛り といい、縁起をかついでいたのです。

かぼちゃは「南瓜(なんきん)」で、「ん」がつく運盛りのひとつ。縁起担ぎだけでなく、これらの食べ物は栄養も豊富。おいしいご飯で元気モリモリ! 寒い季節を乗り超えちゃいましょう。

■かぼちゃのいとこ煮

「かぼちゃのいとこ煮」は、小豆とかぼちゃをコトコト煮たお料理。硬いものから順に「おいおい煮る」ことから、「甥→いとこ煮」という名前になっているそうですよ。甘くておいしそう!

■かぼちゃとベーコンのスープ煮

見た目もとってもカラフルな洋風スープ。カラダもココロも温まる~。「ベーコン」も最後に「ん」がつくから……冬至の運盛りになっちゃうかしら!?

■かぼちゃのすいとん

ほくほくしたかぼちゃをすいとんにしていただくという、まさに冬にぴったりのメニューがこちら。たっぷりの根菜や葉物野菜を入れて、栄養たっぷり風邪知らず!

■かぼちゃとココナッツミルクのお汁粉

ぽってりとあったか~いお汁粉はいかが? かぼちゃの皮まで使ったお団子入りのおいしいデザートです。

■柚子もち

こちらは柚子を使ったデザート。レンジでカンタンに作れるのがうれしいですね。作ってみたい!

1年のうち、最も昼の時間が短くなる冬至。長~い夜にみんなで囲む食卓が、おいしいご飯であふれますように♪

(伊東ししゃも+ノオト)

関連記事