脱・マンネリ! 冬の定番マフラーは巻き方で差を付けて

脱・マンネリ! 冬の定番マフラーは巻き方で差を付けて

シンプル派もガーリー派も必見
寒い日が続いてマフラーが手放せない季節になりましたね。でも、いつも同じ巻き方でワンパターンになっている、そこのあなた! マフラーの巻き方を変えれば、同じマフラーでもいつもと違う雰囲気になれるんです。マフラー使いを覚えて、おしゃれ女子になっちゃいましょう!!
いつもは垂らしてしまうマフラーの端っこをマフラーの中にしまうことで、すっきりしたスタイルに。ボリュームも出る巻き方なので、小顔に見えちゃうかも!?
マフラーをひと巻きして、両端をフロント部分に入れ込んでいくスタイル。かなり大人っぽい仕上がりになりますね。
マフラーの巻き方 Pコート編
(出典 : YouTube/lulustyling
こちらの巻き方は、最初にマフラーの真ん中を結んでおき、結び目をフロント部分に持って行き、くるっと首に巻きます。そして、片方の端を結び目に通し、もう片方は先ほど通した端と重ね、コートの中にIN! 首元が寒くなりがちな、Pコートにぴったりですね。
マフラーの巻き方♩リボン巻き
(出典 : YouTube/mil milpate
ガーリー派さんにおすすめなのはリボン巻き。甘めのスタイルに合わせて、あえて甘々コーデにしちゃうのもアリ! ピンクや赤のマフラーだともっとキュートになれますよ。カレとのデートで、女の子らしさをアピールしてみては?
お洒落なマフラーの巻き方♪2パターン by milpate 女子のためのハッピーチャンネル
(出典 : YouTube/mil milpate
マフラーを2つに畳み、できた輪に両端を入れ込んでいく巻き方。片方は普通に輪に通し、もう片方は下から輪に通します。シンプルでエレガントな雰囲気♪

もう一つ紹介されている巻き方は、先ほどのPコートに合う巻き方と途中までは同じ! 違うのは、Pコート編では、片方は輪に通しませんでしたが、こちらでは通しているトコロ。ちょっと工程が違うだけで、こんなに印象が変わるんですよ~。

その日の気分やコーディネートによって、いろいろな結び方を試してみて。コートが同じでもマフラーの色や素材、そして巻き方が変わるだけで、全然違った感じになりますよ。この冬はおしゃれなマフラーテクニックでみんなと差を付けよう!

(まつだあや+ノオト)

関連記事