寒い冬にほっこり♪ アップルポットで焼きリンゴを作ろう 

寒い冬にほっこり♪ アップルポットで焼きリンゴを作ろう 

デザインもかわいすぎる…
冬に旬をむかえるフルーツといえばリンゴ♪ 「リンゴが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど、栄養が豊富なフルーツということをご存知でしょうか? リンゴには、アップルペクチンという食物繊維がたっぷり含まれていて、腸内環境を整えてくれる効果があるんです。

アップルペクチンは加熱することで9倍になります。リンゴの皮にはアップルペクチンやポリフェノールといった栄養素が多量に含まれているため、皮ごと食べることでより多くの栄養素を摂取できます。生のまま皮を食べるのは固くて大変ですが、加熱することで柔らかく食べやすくなります。

実は生で食べるより熱を加えた方がより効果を発揮するそう。ということで、今冬は「アップルポット」で、焼きリンゴを作ってみませんか?

アップルポットとは、ヨーロッパ最大のリンゴ生産国であるポーランドの伝統食器「ポーリッシュポタリー」のひとつ。リンゴのフォルムと職人さんの手書きの柄がとってもかわいらしいんです。
りんごポッドで焼きリンゴづくり
(出典 : YouTube/hachu122
人気ブロガー&作家のはあちゅうさんもアップルポットで焼きリンゴ作りに挑戦! 青森県弘前市にあるシードル工房「kimori」での一コマです。リンゴの中にレーズンやアーモンド、シナモンなどをたっぷり詰めて焼き上げています。おいしそう〜!

このように、アップルポットを使えば、芯をくり抜いたリンゴをそのまま入れて、簡単に焼きリンゴを作ることができちゃいます。Instagramを覗くと、かわいらしいアップルポットがたくさんアップされていましたよ♪
あたたかみのある絵柄がとってもキュート!
バニラアイスを添えて、あったか冷たい食感もまた格別。
はちみつやシナモンなど、お好みのアレンジを楽しんで♪

作るのが難しそうな焼きリンゴも、アップルポットを使えばこんなに簡単に作れてしまうんですね。ちなみにこんな使い方もできますよ。
冷蔵庫で保存OK! チンするだけでほかほかごはん!

#鶏肉と明太子のグラタン #ブンツラウカステル #アップルポット #家ごはん

ももこさん(@totono19)が投稿した写真 -

グラタンやシチューなど冬のお料理にもぴったりですね♪

いかかでしたか? 絵柄がとってもキュートだから、クリスマスパーティーをはじめ、おもてなしにも使えそう。今年の冬はアップルポットを使ってほくほくの焼きリンゴを楽しんでくださいね♪

(関紋加+ノオト)

関連記事