質の良い睡眠は湯船から! バスタイムを楽しもう

質の良い睡眠は湯船から! バスタイムを楽しもう

冬こそ湯船!
1日の疲れを癒やしてくれるバスタイム。疲れているからと言って、シャワーだけで済ませてしまうって人も多いのでは? 疲れているからこそ、湯船にじっくり浸かるほうが良いみたい。

■湯船に浸かることは、どうして良いの?

入浴には、運動後の疲労回復に重要な食事と睡眠を、血流促進などの面でサポートし、より疲労回復の効率を高める効果があります。
(中略)
また、上手な睡眠=効率良い疲労回復のためにも入浴は大切。人は、体温がガクンと下がる時に眠りに入りやすい性質をもっています。その状態を作るためには、お風呂で体温を上げると効果的。

なるほど! 湯船に浸かると疲労回復に繋がるだけでなく、睡眠にも一役買っているんですね! 疲れているはずなのに眠れない方とか、眠りが浅い日が続いて悩んでいる方は試してみてくださいね。でも、湯温や入浴時間は、特に気にしなくてもいいの?

夏は39℃前後、冬は40℃前後のお湯にゆっくりとつかることをおすすめしたい。

血液が全身を循環するのにかかる時間は約1分といわれている。そのため、15分~20分つかれば15回~20回循環する計算。カラダを芯から温めるにはこのくらいの循環回数を重ねることが理想といえる。
ややぬるめの温度のお湯に肩までつかり、お風呂から出てから徐々に体温が下がってくるころ(入浴後1時間30分後程度)に就寝するのがベストタイミングといえる。

良い睡眠をとるには、熱すぎない心地良い温度のお湯に15分以上入って、体の芯まで温めることが必要なんですって! ただ入れば良いってわけではなかったんですね。

■どうせ入るなら、バスタイムを楽しもっ!

たとえ15分程度の入浴でも、やっぱり楽しい方がいいですよね! そこでバスタイムを楽しむことができる「バスタイムのお供」を紹介します。

bathtime✨ #candle#aromacandle#candlenight#バスタイム#ちゃんと温まります

@pomme_angeが投稿した写真 -

お風呂でキャンドル! 電気を消して、キャンドルだけの灯りで入るお風呂は幻想的! 実際、良い睡眠をとるために、お風呂の照明は暗くした方が◎。
こちらは防水のスピーカーです。好きな音楽を聴きながらの入浴、考えただけで楽しそう。入浴中の音楽は、リラックス効果を得ることができるので、入浴後はぐっすり眠れそうですね。
自家製ミントでアロマ風呂! 精油を使わず、自然のハーブで香りを出すのが素敵ですね。ミントには、リラックス効果があります。切ってお風呂に浮かべるだけだから簡単♪
バスソルトも鉄板ですよね。身体が温まって血行が良くなる湯船の中で、リンパマッサージをすれば効果もアップしそう。また、エレガントな香りを楽しみながらのマッサージは、心身共に癒やされそうです!

これからの季節は、特に身体が冷えます。そんな寒い冬こそ、のんびりバスタイム! リラックスしながら身体を温め、快適な睡眠で疲れを癒やしましょう!

(やまかわきよえ+ノオト)

関連記事