食べてOK! 小腹が空いた時に積極的に食べたい間食4選

食べてOK! 小腹が空いた時に積極的に食べたい間食4選

食べられないストレスはダイエットの敵!
ちょっとお腹が空いた時に何を食べていますか? 間食したら太っちゃうし……と我慢している人、多いのでは? 実は間食を摂ったからって太ってしまうわけではないんです!

食後2時間経過すれば、血糖値はほぼ正常に戻っており、この時間にお菓子を食べても、血糖値は急激に上昇することはありません。空腹な時間を減らすことで血糖値を安定し、脂肪として溜め込もうという働きも少なくなります。そして、次の食事のドカ食いも防ぐことができます。

むしろ空腹状態が続く方が良くないみたい! 適度な間食がダイエットへの近道かもしれませんよ~。でも、お腹が空いたからってスナック菓子に頼るのはダメ! 今回は積極的に食べたい間食を紹介します。

■ドライフルーツ

ドライフルーツのダイエット効果として、まず注目すべきはその濃厚でしっかりした甘みと腹持ちのよさ。腹持ちがいい理由は甘みが果糖であるからです。果糖はゆっくりと吸収されて、ゆるやかに血糖値を上げます。ゆるやかに上がった血糖値は急には低下しないため、空腹感を感じるまでに時間がかかります。

甘い物が大好きな女子……。ドライフルーツならしっかりと甘みを感じることができるので、満足度もUPしますよ。
ドライフルーツにはさまざまな種類があるので、お好みのフルーツを選んでみて!

■ナッツ類

ナッツ類には、抗酸化作用がありミネラルも豊富に含まれています。ピーナッツバターのような加工されたナッツではなく、加工されていないナッツはダイエット中のおやつ代わりにおすすめ。

香ばしくておいしいナッツは女子の味方! モデル業界でも人気のおやつのようで……

We are snack monsters???? and...she always makes me happy:) @yumie_kazama

ROLAさん(@rolaofficial)が投稿した写真 -

ローラさんや道端ジェシカさんも好んで食べているみたい! 2人とも「サハレ・スナック」の物をチョイスしていますね。ドライフルーツが入っているタイプも販売されているので、チェックして損はなしのビューティーフード。

■チョコレート

脂質や糖質、炭水化物なども入っているのですが、カルシウム、マグネシウム、ビタミンE、ミネラル、食物繊維なども豊富に含まれています。

さらにうれしいのは、カカオにはポリフェノールが、赤ワインよりもたくさん含まれているということ!

ポリフェノールは、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、高血圧や動脈硬化を予防、抗菌作用や血糖値を下げる効果があります。

強い抗酸化力を持っているので、お肌の細胞の老化を防ぎ、しみ、しわなどのエイジングにも効果が期待できるのです。

うれしい効果が盛りだくさんですね~。チョコレートを間食として食べる時のポイントは、ポリフェノールがより多く含まれるカカオ含有率70%以上のチョコレートを選ぶこと。もうダイエット中だからってチョコレートを我慢する必要はなし!
こういったチョコレートをチョイスすれば良いみたい。おいしいからって食べ過ぎには要注意!!

■するめなどの干物類

スルメイカなどの干物はよく噛まないと飲み込めないので咀嚼回数が増える分、顔の筋肉も鍛えられます。

また、噛むことで脳を刺激しますので満腹中枢に作用し、食べる量も少なくなりますよ。

お酒のつまみにぴったりなするめなどの干物ですが、実はダイエットにもぴったりだったんです。キュートな表情を作るため、顔の筋肉も鍛えるべし!
コンビニのおつまみコーナーには必ずあるのもうれしいトコロ! お腹が空いたらスルメを買いに走りましょう(笑)。

美容にもバッチリな間食を食べれば、キレイが手に入るかも!? 適度な間食で食べられないストレスからも解放されちゃいましょう。今日からもう間食を我慢する必要はナシ! ストレスフリーでダイエットを成功させちゃいましょう♪

(まつだあや+ノオト)

関連記事