人気の「人前式」で個性的で自由な結婚式を☆

人気の「人前式」で個性的で自由な結婚式を☆

大切な人の前で永遠の誓いを!
結婚式には、教会や神社で挙げるものなど、さまざまな形態がありますが、最近は親戚や友人、知人の前で永遠の愛を誓うという「人前式」が増えてきているようです。

人前式とは、結婚の誓いを神仏に対して行う代わりに、ゲスト全員に結婚の証人となってもらうスタイルの結婚式です。そのため、宗教や格式を気にする必要がないので、式をする場所や進行、演出など自由に決めることができるのがポイント。

お世話になった人、大切な人の前で結婚を誓いたい、列席者と一体感を大切にしたい、宗教や格式にとらわれずに自分たちのオリジナルの結婚式を作りたいという方にオススメの挙式スタイルです。

とはいえ、自由といわれても、どんな結婚式を作ったら良いのか、イメージしにくいですよね。実際には人前式にはどんなものがあるのでしょうか。

結婚式から1週間。楽しかったなー♡ #人前式 #沖縄 #瀬長島 #MARE

Yuka Otaさん(@yukachin303)が投稿した写真 -

沖縄の海をバックに愛を誓う。潮の匂いとともに一生忘れられないステキな思い出になりそうですね。
こちらはなんとシャボン玉に囲まれての挙式です! アイディアにあふれた式ですね。
たくさんの人に祝福されて幸せそうですね! 花嫁さんがカメラを持ってフラワーシャワーができちゃうのも、自由な人前式ならではかも?
宗教にとらわれないため、教会で白無垢なんてこともできちゃいます!

憧れの場所や思い出の場所で式を挙げたり、知恵を絞って自分たちの手でオリジナル結婚式を作ったり……。考えるだけでウキウキしますね♪


そんなステキな人前式。自由であるがゆえに、イチから式を作るとなると、大変なことも多いはず。そこで実際に20年前に青森県鰺ヶ沢町にある鰺ヶ沢キャンピングパークで人前式を挙げたというMさんご夫妻にお話をうかがってきました!
「たくさんの人を呼んで屋外で式を挙げたかったので、鰺ヶ沢キャンピングパークの一角で行いました。その後は、ホテルに移動してパーティー。当時は人前式がまだ浸透していなくて、前例も極めて少なかったということもあって、手探り状態で準備を進めました」

式の構成を考えたり、ウェルカムボードを手作りしたりと、細かいところまで自分たちで準備するのはやはり大変だったそうです。

「屋外ということで天気の心配もありましたが、当日は快晴。大勢の人に囲まれて終始笑いが絶えない式になり、参加したゲストたちも喜んでくれたのがうれしかったですね」

「みんな、ずっと笑っていたよね」と懐かしそうに振り返る奥さんの柔らかな表情を見ていると、お二人の幸せに満ちた結婚式当日の笑顔が、目の前に浮かんでくるようでした。

他の挙式形態に比べると大変な部分は多いかもしれませんが、その分「結婚式」という一つの儀式が、二人にとってかけがえのない幸せな思い出になるのですね! 

(千葉桃+ノオト)

※この記事は、青森県が実施する「20代を変える『生き方ナビ』事業」との協業により、県内の大学生が「ALICEY学生特派員」となり、青森で暮らすことの魅力を学生主体で情報発信するために作成された記事です。

関連記事