インスタグラマーmanashikaさんの光景の中に入り込む写真が素敵!

インスタグラマーmanashikaさんの光景の中に入り込む写真が素敵!

「GENIC」インスタグラマーにインタビュー!
ネイリストとして活躍しながら、自身のInstagramも大人気のmanashikaさん。現在は、ネイル、旅、カフェ、プライベート用の4つのアカウントを持ち、日々魅力的な写真をアップし続けています。彼女のInstagramには、写真だけでなく「生き方が素敵!」という声もたくさん! そんなmanashikaさんに、写真の撮り方のコツから旅や人生の楽しみ方まで、たっぷりお話を伺ってきました。

■旅の魅力は、こんな素敵な場所があったんだって思えること

愛用のカメラは2台。自撮りしやすいLumix GF6と、水中写真はGoPro HERO3+。
――manashikaさんが、Instagramを始めたきっかけは?

「manashikaという名前で始めたのは5年前。もともとは加工アプリとして使っていたんですが、知らない人が私の写真に『いいね』をしてきたんです。ネイリストとして活動していたので、試しにネイルの画像を載せたら、『いいね』とフォロワーが一気に増えたんですよ」
――ネイルのフォロワー数は今や13万人。そして、manashikaさんのもう一つのライフワークともいうべき「旅」の写真も印象的です!
「専門学校の卒業旅行でハワイに行ったのがきっかけで、徐々にいろんな国に行くようになったんです。海外の人のInstagramを見て、行き先を決めることもあるんですよ。いろいろな場所に行くたびに、こんなところがあったんだ! っていう発見や驚き、それを感じることが好きなんですね」

カラフルな非日常の風景に、自分が入り込む感じ

――いろいろな場所で撮影されていますが、背景や構図を選ぶ際のポイントはありますか?

「非日常の風景を載せることかな。友だちと自撮りするにしても、居酒屋などではなく、あえてちょっと変わったロケーションを演出するとか。海外だったら、カフェに入ってロケーションがイマイチだとサッとお店から出ちゃいますね(笑)」

???????????????????????????? #yellowbrickroad

Manami????????さん(@manashika)が投稿した写真 -

「あとは、カラーを取り入れるようにしています。空の青とか、壁のピンクや黄色とか。基本的にカラフルが好き。だから、風景に合わせて洋服をコーディネートすることも。例えば景色が青と白なら、服も青と白、アメリカンな街なら白Tシャツにデニム、といった感じです。そうすることで、自分が風景の中に入り込むことができるから」

――Instagramに並んだ写真を改めて見てみると、本当にカラフルですよね。

「実は、その配置にもこだわりがあって。例えば、自撮りや食べ物の写真が続くと、ちょっと画面がうるさくなってしまうんですよね。だから同じような写真が並ばないように、配置する写真のバランスを考えているんです。色合いや遠近なども意識したりして。ネイリストという職業病かもですね(笑)」

■良い写真を撮るコツは、とにかくたくさん撮ること!

――では、写真を撮る時のコツはありますか?

Rordtrip day1???????????????? My favorite shop in Sedona????????????

Manami????????さん(@manashika)が投稿した写真 -

「自然を撮る時はスケール感を出すこと。周りの景色を全部入れ込みたいなら、カメラに魚眼レンズを付けて撮ります。逆に、絵画みたいな形で平面を強調したい時は、魚眼レンズなしで撮ったりして使い分けていますね。ちなみに平面に撮るのは、今のトレンドなんですよ」
「ちなみに私、同じアングルで何枚も撮るんです。ポーズや表情を変えたりしているとかわいい写真が撮れたり、『まだ撮るの~?』なんて言いながら撮っているうちに、自然な表情になったり。Instagramを始めてから、旅の楽しみ方も変わりましたね」

――確かにmanashikaさんの写真は、表情も含めて自然体! という感じがします。

「私、あんまりオシャレすぎる写真を載せても『いいね』が少ないんですよ、なぜか(笑)。むしろ楽しそうにしている方が需要があるみたいなんです。実際普段からよく笑っているし、だったら素のままを載せたほうが良いのかなって気付いたんです」

■Instagramは私にとって、夢を叶えるツール

――manashikaさんにとって、Instagramはどんな存在ですか?

「Instagramで友だちになった人と旅行に行ったり、仕事の幅が広がったり、人生が変わりましたね。私、思っていることややりたいことを全部Instagramに書いているんですよ。人の目に触れれば触れるほど可能性も広がると思うので。少し大げさだけど、私にとっては夢を叶えるツールでもあるんです。はまりすぎるとまずいけど、うまく使えば自分をプラスにしてくれるものだと思うから」

――本当、使い方次第ですよね。これからどんな写真を撮っていきたいですか?

「私、本当に人生が楽しいんです! だからその楽しさを残したいし、こんなに楽しいところがあるということを伝えたい。私のInstagramを見て、楽しそう、行ってみたいって思ってもらえたらうれしいです」

とにかく今を楽しむこと。manashikaさんの写真が魅力的なのは、そんな彼女の生き方が写真の中に入り込んでいるからかもしれません。

(榮みほ+ノオト)

関連記事