パソコンにスマホ…疲れ目のアイケア方法をチェック!

パソコンにスマホ…疲れ目のアイケア方法をチェック!

リフレッシュしよう
パソコンやスマートフォンを使っていると、なんだか目が疲れているなと感じることありませんか。仕事で使わないといけないシーンも多く、知らず知らずのうちに疲れも蓄積されていそう。今回はそんな疲れ目解消法について調べてみましたよ。

蒸しタオルで温める

蒸したタオルを目の上に乗せるだけで、疲れ目が楽になりますよね。実はこれ科学的にも証明されていて……

蒸しタオルを使用して心地よい温度とされる約40℃で目を温めると、実際にVDT作業で低下したピント調節力が改善することやドライアイが改善することを、科学的に実証しました。

お手軽にできるので今夜から試したくなりますね! ホットタオルは濡らしたタオルを電子レンジでチンする方法が簡単なのでおすすめですよ~。入浴中に湯船でしちゃえば、カラダも目もリフレッシュできそうですね。
面倒な時はこんな商品も販売されているみたい。ズボラさんにはもってこいのアイテムです。

ツボを押す

疲れたなって思ったらすぐにできるのがツボを押す方法です。
目の疲れに効くツボ
(出典 : YouTube/seitai Rinato
睛明と天柱というツボを押して、疲れ目にサヨナラしちゃいましょう! 疲れ目から肩こりや頭痛に繋がる場合もあるそうなので、疲れをためないことが大事。ツボを押す時は、強く押しすぎないように要注意!

体操をする

体操も取り入れれば、かなり疲れ目が解消されるかも!?
たった1分!目のくま 疲れ目を解消するセルフケア
先ほどのツボを押す方法のように簡単にできるのが良いですね。ポイントは人差し指と親指で耳をつまんで行うこと! 1分行えば良いそうなので、仕事の合間にも無理なくできちゃう。

疲れ目にならないためにできること

そもそもどうして疲れ目になるの? と思いますよね。実はパソコンやスマートフォンから発せられる「ブルーライト」が原因と言われているようです。

ブルーライトは、エネルギーが強く、目の奥で散乱しやすいため、長時間デジタル機器を使用すると視界のチラつきやまぶしさを感じさせる原因のひとつになるといわれています。それにより、目の疲れや生体リズムへの影響、あるいは頭痛などの症状に発展する可能性が考えられています。

これが疲れ目になる原因を作っていたんですね。でも安心して! この「ブルーライト」を軽減させてくれる眼鏡があるんです。
筆者は度なしの物を使っていますが、長時間パソコンを使っていても目がチカチカすることがなく、疲れにくいと感じています。度ありが良い人は作ることができる眼鏡屋さんもありますよ。

先ほど紹介した対策法は、どれも簡単に試すことができるので、目が疲れたと感じたらやさしくいたわってあげましょう。気が付いたらついつい使ってしまうスマートフォン……使用時間を意識的に減らすこともお忘れなく!

(まつだあや+ノオト)

関連記事