一年の計は真っ暗闇の中で!? 闇の中で書き初めしてみた

一年の計は真っ暗闇の中で!? 闇の中で書き初めしてみた

【コヤナギの切り身vol.4】
人生設計はまったくできないけど、お正月だし、今年はいい年にするぞと意気込んでいるコヤナギユウだよ。

とは言っても、お正月らしいことは全然してない。「一年の計は元旦にあり」なんて言うけれど、元旦は寝てた。やばい、こんなんじゃお先真っ暗かしら……! ならば、いっそのこと行ってみましょう、真っ暗闇の世界へ!

やってきたのは、東京は外苑前にある「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」

ここは「真っ暗闇」を体験できるエンターテイメント施設。予約制なので空席などはホームページで事前にチェックしよう。

最初に導かれたのは薄暗い部屋。暗闇の中を歩くため、視覚障害者の方が使っている白杖(はくじょう)を手渡され、使い方を教えてもらう。この杖、感覚を感じ取るために使うからえんぴつみたいに持つんだね。あー! はっきり言って不安! ドキドキする!
いよいよ、真の暗闇へ。

そこは、いくら経っても目が慣れない世界。

少し広い空間に出たことは、不思議と空気でわかる。

暗闇での感覚は、人によって違うらしい。

いくつかの体験をして、靴を脱いで座敷へ。次に体験したのは……なんと書き初め! 墨と筆で文字を書くあれですよ。もちろん真っ暗闇!

手渡された色紙をテーブルに置いて、触って大きさを測り、書く言葉を決めて、心の目で筆に墨を付け、筆先を絞り、したためる。

書き初めしたこともびっくりだけど、その後ちゃんとそれぞれ自分の靴を見付けて履くことができた。見えてないんだよ? 感触や脱いだ場所の記憶で、ちゃんと自分の靴がわかるの。靴のヒモだって、ちゃんと結べた。

暗闇での体験は濃厚であっという間だった。

みんなの声がとても心強くて、温かく、長い時間一緒にいた気がした。あんなに不安だった真っ暗闇の世界が終わる時、さびしいと思った。

わたしが体験した書き初めありの「新春バージョン」は今年も行われるみたい。ぜひ体験して欲しいな。

(新春バージョンは2015年1月9日(金)〜1月25日(日))
いつもの明るい世界でご対面したわたしの書き初めは、うんうん、悪くないんじゃない?

余計なものが見えない「真っ暗闇」のおかげで、大切なものが見えたような気がしたよ。
<プロフィール>
コヤナギユウ
デザイナー/イラストレーター/エディター。(株)yours-store代表取締役。東京ナイロンガールズ編集長。1977年生まれ。新潟県出身。好奇心旺盛で天真爛漫な性格から、旅先の風景や出会った人の見せる素が魅力的な写真に、言葉やイラストを載せた絵日記風のブログが大人気。

関連記事