日本で最も美しい夜景を発表! 日本新三大夜景がきれいすぎる

日本で最も美しい夜景を発表! 日本新三大夜景がきれいすぎる

うっとりしちゃう
この秋、夜景観光コンベンション・ビューローが「日本新三大夜景」を発表しました。なんと全国に4,500人もいらっしゃるという夜景鑑賞士のアンケート回答により選ばれた日本新三大夜景は長崎市、札幌市、神戸市。どんな場所なのか調べてみましたよ。

■長崎市

稲佐山、鍋冠山、グラバー園の3 カ所が特に票を集め、教会ライトアップ、長崎ランタンフェスティバル等の票も加わり、総合得点としてトップを獲得。

世界三大夜景にも選ばれている長崎市。ライトアップやランタンフェスティバルなど夜を楽しむ取り組みが多いのも特徴。長崎の夜景を観ずに、夜景は語れません!

■札幌市

#札幌夜景 その1

@hiroyasuichiが投稿した写真 -

masuさん(@mikako821)が投稿した写真 -

近年リニューアルした藻岩山が最も人気を集め、さらに大倉山、札幌テレビ塔などの票が加わり、上位入賞となった。

22時まで営業している藻岩山のロープウェイ、雪祭りのライトアップなどがある札幌市。寒くても絶対に観に行きたい!

■神戸市

#摩耶山#掬星台 #神戸夜景 #安定の#日本三大夜景 ちょっと寒かったけど我慢

Yusuke Yamaguchiさん(@nyccrew)が投稿した写真 -

#神戸夜景 #神戸 #クロスフィルター #神戸ハーバーランド #神戸ポートタワー #ホテルオークラ

法隆寺柿緒さん(@runbaba2421)が投稿した写真 -

六甲山、摩耶山からの大パノラマ、神戸ポートタワーや神戸大橋のライトアップ、そして目映いばかりの湾岸の夜景など、総合力として評価に至った。

山からも海からも夜景を楽しむことができる神戸市。以前から夜景の街としても有名でしたが、やはりランクイン。神戸大橋など大きな構造物がとてもきれいです。

でも、なぜ、冬になると夜景がきれいに感じるのでしょう?

「冬=遠くの光が良く見える」と。冬は西高東低の気圧配置により、冷たく乾いた大気が三層構造の雲の低層域に入り込みます。これにより、低層や中層域にある淀んだ大気が高層へと押し上げられるのです。つまり、光化学スモッグ等による塵も一緒に高域に飛んでいってしまうので、結果、遠方までの視界がクリアになるという訳です。

なるほど~。遠くまできれいに観ることができるのには、ちゃんと理由があったのですね。また、スマホで夜景を撮るには専用のアプリを使うのがオススメですよ。

冬の夜は少々寒いですが、彼にくっついちゃうと、彼とのココロの距離も近くなるかもしれません。今度のデートは夜景デートを提案してみましょう!


(田中いつき+ノオト)

関連記事