寒い時期におすすめ♪ 気になるところ別・着やせ術

寒い時期におすすめ♪ 気になるところ別・着やせ術

これぞファッション心理テクニック?
寒い時期になるとアウターで体型が隠せる! と、思いきや、厚着をすることで逆に気になる部分が目立ってしまうなんてことも。着込むことの多いこの時期こそ、自分の身体に合った「着やせ術」を身に付けましょう! 

■ お腹周りをスリムに見せたい!

お悩みの人がもっとも多いであろうお腹周り。ちょっとしたアイディアを取り入れることで、上半身と下半身にメリハリが出て、女性らしいシルエットを演出することもできます。

全身をすらりと見せるには、気になるところから視線を反らし、重心を高い位置に持っていくことがポイント。ウエストやヒップの太さが気になる場合は、その場所に分割線が来るのを避けましょう。

つまり、お腹周りが気になる人は、さらに上の部分に意識がいくようにすれば良いわけです。そこでぜひとも取り入れたいアイテムが「ベルト」。

ウエストをベルトで引き締めることで、くびれを作り出すテクニックです。効果を高めたければ太いベルトで引き締めた方がよいのですが、(中略)身長があまり高くない方は、太いベルトをすると縦のラインが分断されて背が低く見えてしまうため、細いベルトでのウエストマークがおすすめです。

ロングコートに高めの位置のベルト、着やせポイントをしっかり押さえてますね! 

■下半身周りをスッキリ見せたい!

下半身周りも、気になるお尻や脚からいかに視線を反らさせるかがポイント。

着やせしようと思うと、ついボリュームダウンばかり考えがちですが、上半身にボリュームを足し、相対的に下半身を細く見せる方がよっぽど簡単!

脚やふくらはぎが気になる人は、無理にタイトなパンツを履いても逆に目立ってしまいます。そんな時は、トップスにボーダーや装飾の付いたアイテムを取り入れることで、上下のバランスが取れて、結果的に下半身が目立たなくなります。

お腹周りの際に紹介した方法同様、重心をずらす方法も効果的です。おすすめ したいのが、ハイウエストなパンツやスカート。

. . #GU の#ワイドパンツ #ハイウエスト でセンタープレスで言うことなし!♡ . . .

tomoさん(@shion_kuu_hima)が投稿した写真 -

美脚効果も抜群。気になる部分は細く、スタイルが良い人はさらに良く見せてくれるスグレモノ。

今年注目された「ガウチョパンツ」は、タイトなトップスと合わせたり、シャツをinしたりすることで、自然とお尻の大きさを目立たなくしてくれます。ヒールと併せれば縦長シルエットで脚長効果も♪

■胸をスリムに見せたい!

胸が大きい人は人からなにかと羨ましがられることが多いですが、当の本人にとっては深刻な悩みの種。隠そうとゆったりとした服やタイトな服を着ることで、目立ってしまうなんてこともあるので注意が必要です。そんな人におすすめのコーデは?

・襟の大きなもの
・Vネックのもの
・伸縮性のあまりないハリのある素材のもの
・左右非対称のデザインのもの
・柄の大胆なもの
・縦にラインの入ったもの
・装飾が少なめでシンプルなもの

「デザインや柄に特徴はありつつ装飾はシンプルに」、「縦長の線を作る」ことを意識しましょう。

胸の大きさを目立たせないためには、まず「他の部分に目を向けさせる」こと。大きな襟のモノや目立つ柄のものは、そちらに意識が向きやすいため大きな胸を目立たなくするのに効果的。

また、よく言われていることですが、ボーダー柄(横じま)よりもストライプ柄(縦じま)の方がスリムに見えます。これは「錯視」と呼ばれる効果で、心理学でもその効果は確かめられているんですよ! 

■その他のポイント

【色にはご用心】
どの部位にも共通して言えるのが「膨張色」を避けるということ。色にはモノを小さく見せる「収縮色」と、大きく見せる「膨張色」があります。前者は黒や青といった寒色。後者は黄色やピンク、赤といった暖色が当てはまります。気になる部分がある人は、その部位に収縮色を取り入れたコーディネートを考えてみましょう。

【アウターはロング丈をチョイス】
寒いとついついダウンやモコモコしたアウターを選びがちですが、着やせにはロング丈のコートやカーディガンがおすすめ。前は閉じずに開けておくことがポイント。アウターと中の色を寒色と暖色というように、コントラストをつけることで、縦のラインが強調されて着やせ効果もアップ! 

【小顔効果は丸首よりもVネック】
Vネックは、首まわりがスッキリして見えるので、小顔効果が期待できます。浅いものより深めのVネックだとなお良し!

ピンチはチャンスの元! 自分に合った着やせ術を身に付けて、気になる部分を強みに変えちゃおう♪

(目良シンジ+ノオト)

関連記事