ますますダメージヘアになっちゃうかも!? 髪の乾かし方を見直そう!

ますますダメージヘアになっちゃうかも!? 髪の乾かし方を見直そう!

コツを掴めば美髪に!
ケアしているつもりなのに髪がパサパサ……そんなことありませんか。それってもしかして、髪の毛の乾かし方が原因かも。実はブローの仕方を見直すだけで簡単に美髪になれちゃうんです。どういう風に乾かせばいいのか早速チェックしていきましょう。

髪をタオルでおおい、タオルの上から指の腹で頭皮(とうひ)をマッサージするように水気をふきとります。髪の毛どうしをこすり合わせると、キューティクルを傷つけ、 傷みの原因になるので避けましょう。ロングヘアの場合は、頭皮(とうひ)全体の水気をふきとった後、毛先をタオルにはさんで、おさえるようにして水気を吸いとります。

髪の毛の水分がよく取れるからって、髪の毛同士をゴシゴシしてはいけません。濡れている状態はデリケートなのでやさしく水分をタオルオフしましょう。タオルも濡れたままでは水分を吸い取らないので、2枚使いがおすすめ。

次は肝心の乾かし方です。これさえ覚えれば美髪への道はすぐですよ~。

③ 根本を意識してドライヤーで乾かす
髪から10センチほど離して風をあてます。前髪→後頭部→真ん中の順番に!
④ サイドの髪は後ろから前に風をあてるように
サイドの根本を立ち上げるように乾かします。そうしないとどんなに毛先をブローしても内に入らなくなるので注意です!
⑤ 乾きにくいところを集中的に
コメカミやうなじは乾きにくいところですので念入りにドライヤーをあててください。引っ張るようにして乾かすとクセが出ないのでいいですよ!
⑥ 最後に冷風を全体にあてる
最後に冷風で乾かすと髪と頭皮の栄養分が逃げず、うるおいのある髪と頭皮になります。

乾かす時は手ぐしで整えながら、温風で根元から乾かしていくのがコツ。下から持ち上げながら乾かしていくと髪の毛がペタンとなりにくいですよ。そして最後は開いたキューティクルを閉じるために冷風を当てればOK! ドライヤーのCOLD機能はこのために付いていたんですね。

髪を乾かす前に、熱を保護するための洗い流さないトリートメントを、そして仕上げにもトリートメントを付けるとより良いそうです。

最後はパーマをかけている場合の乾かし方!
超簡単!!セルフブロー講座(パーマ編)
(出典 : YouTube/AFLOATJAPAN1
パーマの人はねじりながら髪の毛を乾かしてあげると、きれいなカールが手に入るみたい!

コツさえ掴めば、特別な道具は何もいらないのがうれしいですよね。今日から髪の毛の乾かし方を見直して、ツヤのあるキラキラヘアーをキープしましょう。また、正しくブローして寝ることで寝癖も付きにくくなるそうですよ。ぜひ試してみてくださいね。


(まつだあや+ノオト)

関連記事