その気持ち、ラブ or ライク? 心理テストであなたの気持ちをジャッジ!

その気持ち、ラブ or ライク? 心理テストであなたの気持ちをジャッジ!

彼のこと、どういう「好き」か迷った時に!
友情と愛情。言葉では明確に分かれているけれど、自分の心の中で分けることは意外と難しいですよね。Twitter上ではそんな「好き」という感情に悩む女の子たちの声がちらほら……。
そもそも、友情と愛情にはどんな違いがあるのでしょう。

アメリカの心理学者・ルービンによると「好意と愛情」(いわゆるLOVEとLIKE)には明確な違いがあるとしています。
・好意(LIKE)は、人として尊敬している、同じ趣味嗜好を持っているから好感が持てる、単純に好意がある
・愛情(LOVE)は好意にプラスして、相手がいないとつらい、何かしてあげたいという気持ちが起こる、独占欲が湧く

好意と愛情は明確に分けることができると唱えたルビンさん。なんと2つの感情を定義付けするだけでなく、自分の感情が好意なのか愛情なのかを調べることができる心理テストも作っています。

気になる人のことを思い浮かべながら、質問にどれだけ当てはまるかを確認していくだけで、自分の本当の気持ちに気付けちゃうそうですよ。 

恋愛尺度(love scale)に多く当てはまれば恋愛感情、好意尺度(liking scale)に多く当てはまれば深い友情を抱いている証。本来は数値化して、点数付けを行うようですが、今回はどっちにどれだけ当てはまるか気軽にチェックしてみてくださいね。それではレッツトライ!

◆ liking scale

1.彼と私は、一緒にいると、たいてい同じことを感じたり考えたりしている。
2.彼は非常に適応力のある人だと思う。
3.私は彼を責任ある役割に強く推薦したいと思う。
4.彼はとても成熟した人物だと思う。
5.私は彼のすぐれた判断力に強い信頼をおいている。
6.たいていの人は、わずかな面識を持っただけで彼に好意を感じると思う。
7.彼と私はとてもよく似ていると思う。
8.クラスや何かのグループで選挙があれば、私は彼に票を投じたいと思う。
9.彼はすぐに尊敬を獲得するような人物だと思う。
10.彼はとても知的な人物だと思う。
11.彼は私の知っているなかでもっとも好ましい人物のひとりである。
12.彼は私が理想とするような人物である。
13.私は彼が賞賛されるのはとてもたやすいことだと思う。

◆love scale

1.もし彼が落ちこんでいたりしたら、私は真っ先に彼を励ましてあげたいと思う。
2.私はどんなことでも彼に打ち明けることができる。
3.彼の欠点は快く容認することができる。
4.彼のためならどんなことでもしてあげたいと思う。
5.私は彼を独占したいと強く思う。
6.もし彼と一緒にいることができないとしたら、私はとても不幸になるだろう。
7.寂しいときには、彼に会いたいという思いが真っ先に浮かんでくる。
8.私にとっての重大な関心のひとつは、彼の幸福である。
9.私はたいていのことなら彼を許すことがでる。
10.私は彼の幸福に責任があると思う。
11.彼と一緒にいると、彼をただ見つめているだけで時が過ぎてしまう。
12.彼が何かを打ち明けてくれると、とてもうれしく思う。
13.彼と仲違いすることなど、私にはとても考えられない。

いかがでしょう、あなたの気になっている人はどちらにどれだけ当てはまりましたか? もちろん、このテストの結果はあくまで一つの指標でしかないので、結果にとらわれ過ぎるのは禁物です。

そもそも、友情と愛情がわからなくなるということは、その2つが似た者同士であることの表れ。どちらに転ぶかは2人次第です! じっくりと自分たちの気持ちを確かめながら、2人の心地良い関係を築いていってくださいね。


(目良シンジ+ノオト)

関連記事