お金持ちになるたった3つの方法〜支出編〜

お金持ちになるたった3つの方法〜支出編〜

こじらせ女子に捧げるお金レッスン 第5回
前回コラムに書いた「お金持ちになる方法はたった3つしかありません」

【自由に使えるお金=収入−支出+資産×利回り】で決まります。

つまりここから言える事は、みなさんが自由に使えるお金の増やすには、できることは3つしかないんです。

① 収入を増やす
② 支出を減らす
③ 利回りを増やす

さあ、ここまでは復習です。
前回は①収入を増やすということをやりました。

今回は②支出を減らす、という事を考えてみたいと思います。

セミナーなどで、「支出を減らすにはどうすればいいでしょうか?」と聞くと、色々な答えが返ってきます。

「今より安い家賃のところに引っ越す」「光熱費を削減する」「飲みに行くのを辞める」「食べる事を辞める(笑)」などなど。

これらは全部正解だと思います。
「節約」をする上で、重要なのが「今何にいくら使っているかを知る事」です。

これが分からないと、「節約」のしようがありません(笑)。
「今何にいくら使っているかを知る事」ためには家計簿をつけるのが一番です。

結婚を考える上でも、こういった習慣は大事ですね。

しかし、人間というのは意識の低い生き物で、分かっていてもなかなか「家計簿」なんてつけられません(笑)。

そんな時にあなたの味方になってくれるすごいものがあるので、ご紹介します。

家計簿アプリの定番、マネーフォワード。
Facebookログインも可能なので、煩わしい会員登録も不要。
利用料はなんと無料です。
クレジットカードやFXや株の口座も連携でき、資産状況が一発で把握できます。

実際の画面を見てみましょう。
クレジットカードや金融機関と連携しておくと、自動的に支出管理してくれるのでめんどくさがりやな方にもおすすめです。

クレジットカードは、使った時に支出としてカウントされます。
そのためできるだけ支払いをクレジットカードにしておくと、後で何に使ったか分かっていいですね。
現金の場合は、銀行から引き出した時に支出としてカウントされますが、何にいくら使ったかを正確に把握したい場合は、手入力で金額とカテゴリー(食費)などを登録することもできます。
色々な家計簿アプリを使ってみたのですが、金融機関や証券会社を含め提携数が多い事、またデザインによる使いやすさなどから、僕はこのアプリに一本化してしまいました(笑)。

まあこういったアプリは1つあれば充分ですしね。

家計簿アプリを使いこなせば、無駄遣いが明確に分かって、支出が減らせるだけでなく、家計簿をつける時間まで削減できちゃいます。

アプリを使いこなして、もっと賢く節約できる女性になりましょう。
※この記事は「ROLA(新潮社)」のWEBサイトにて2015年1月21日に掲載された記事の転載です。

■著者プロフィール

田畑昇人
たばた・しょうと/トレーダー・パーソナルファイナンス講師/東京大学大学院在学中。スマホ1つの資産運用で50万円を9ヵ月で1000万円にした実績あり。現在は高校生以上を対象に経済・金融を指導。

関連記事