お金持ちになる3つの方法〜収入編〜

お金持ちになる3つの方法〜収入編〜

こじらせ女子に捧げるお金レッスン 第4回
お金持ちになる方法はたった3つしかありません。

えっ、はやく教えろって?(笑)

【自由に使えるお金=収入−支出+資産×利回り】で決まります。

つまりここから言える事は、みなさんが自由に使えるお金を増やすには、できることは3つしかないんです。

① 収入を増やす
② 支出を減らす
③ 利回りを増やす

意外とできることって少ないんですね。
世の中は案外シンプルなのかもしれません。

例えば、年収1000万円の方がいたとしましょう。
その方が年間に2000万円の支出があったとします。

この方はお金持ちなのでしょうか?
そんな事はないですね(笑)。

収入が1000万円でも、支出が2000万円なので、

自由に使えるお金=1000万円−2000万円+資産×利回り

この場合資産(貯金など)が1000万円以上あればまだいいですけど、ない場合は借金地獄に陥ってしまいますからね(笑)。

今日は①収入を増やすにはどういったことができるのか考えてみたいと思います。ちなみにここでいう収入は「働いてお金を得る労働収入」です。

こういったことをセミナーで聞くと、「副業をする」「宝くじを買う」「不動産投資して大家さんになる」など色々な答えが出てきます。
宝くじはどうかと思うんですがね(笑)。

ここで収入は何で決まるか考えてみましょう。

【収入=単価(時給)×働く時間】

つまり、収入をあげるには自分の単価(時給)をあげるか、働く時間を延ばすしかありません。

そう、世の中はシンプルなのです。

ここで、働く時間を延ばすということを考えてみましょう。
ここには重大な問題点があります。

それは「人生の時間が有限である」ということです。
計算すれば分かりますが、時給1000円の場合、365日24時間働いても、年収が1000万円になることはありません。

じゃあ「単価」をあげるにはどうしたらいいのでしょうか?

自分の市場価値を高めればいいのです。

本を読むであったり、セミナーに行くであったり。
こうやって身につけたスキルや知識は、一生自分を守ってくれます。

親に「若いうちに勉強しとけ」なんて言われた経験ありませんか?
僕は高校3年生まで中2病真っ盛りだったので、全然勉強せず模擬試験で偏差値34を叩き出した事もあります(笑)。

勉強するのなら、はやい方がいいのです。

平均寿命を80歳としましょう。
20歳と40歳で英会話を身につけた場合、どうなるでしょうか?
20歳で身につけると、60年間英語というスキルを使い続ける事ができます。
40歳だと、残り40年間しか使えないんですね。もったいない。

貯金なんてしなくていいから、こういった知識やスキルを身につけると、収入は上がっていくと思いますよ。

次回は支出編です。ばいちゃ!!
※この記事は「ROLA(新潮社)」のWEBサイトにて2015年1月14日に掲載された記事の転載です。

■著者プロフィール

田畑昇人
たばた・しょうと/トレーダー・パーソナルファイナンス講師/東京大学大学院在学中。スマホ1つの資産運用で50万円を9ヵ月で1000万円にした実績あり。現在は高校生以上を対象に経済・金融を指導。

関連記事