「年収1000万円以上の男性と結婚したい」という罠

「年収1000万円以上の男性と結婚したい」という罠

こじらせ女子に捧げるお金レッスン 第2回
こんにちは!
女性の方にとって「結婚」って大事ですよね。
結婚するんなら「年収1000万円以上の男性がいい!」という女性の方。

ここで現実を見てみましょう。
驚愕の事実が明らかになります(笑)。
まずサラリーマン男性の中で、年収1000万円以上の男性は全体の5.8%しかいません(笑)。
ざっと見積もって20人に1人しかいないのです!!

結婚するんなら、価値観が近い人がいいですよね。
そうなってくると自然と歳が近い方と交際して結婚することになると思います。

もしあなたが同年代と結婚したいとしましょう。
年収1000万円以上の男性は自分と同じ年代でどれくらいいるのでしょう?

気になりますよね(笑)

以下がそのデータです。
上のグラフは年収1000万円以上の年代別の年収分布です。
20〜50代の正社員のデータになります。
男女混合のデータですが、大まかな傾向を把握するのにはこれで充分でしょう。

それでは、各年代を見てみましょう。

50代で24%。なんと4人に1人が1000万円以上です!!
思ったより多いですね、すごい!!

そして40代では7%。
この世代になると大企業でも管理職クラスになってくるので納得の数字ですね。

そして30代では1%。
なんか雲行きが怪しくなってきました。皆さんが婚活で狙う男性はこれくらいの年代の層だと思いますが、年収1000万円以上を希望するなら、100人に1人しかいない逸材を皆さんは争っていることになります(笑)。

20代ではなんと0%。
厳密には年収1000万円以上の方も存在するけれど、統計でみると全然いないことが分かりますね。

こうやって数字で見ていくと、年収1000万円以上の男性ってすごく少ないんですよね。

更にここで「イケメンがいい!(100人に1人程度)」とか「性格がいい人♡(100人に1人程度)」なんて言い出すと、どうなるのでしょうか?

理想の男性(30代を想定)
=年収1000万以上×イケメン×性格がいい
=0.01×0.01×0.01
=0.000001=0.0001%(確率的に100万人に1人!!)

こうなると100万人に1人の逸材になります(笑)。

一部には外資系金融やITベンチャー経営者など、若くして多額の給料をもらっている人達もいますが、数字で読み解いていくとこんなにも厳しい現実があるのです。

年収1000万円以上の男性にアプローチするよりも、ご自身で投資など資産形成を考えられる方が遥かに現実味がありますよね。

男が捕まらないなら、自分で稼げば良いのです!!(笑)
これは副作用ですが、稼ぐコミュニティに行けば行くほど、女性の割合が少なくなるので(年収1000万円以上の女性は0.8%)、必然的にモテます。

理系の工学部に入った女の子が、周りがほとんど男子学生になるのでモテまくるようになるのと一緒です(笑)

こういった事も考えて、将来の資産形成も恋愛も戦略的に行いたいですね(笑)
※この記事は「ROLA(新潮社)」のWEBサイトにて2014年12月31日に掲載された記事の転載です。

■著者プロフィール

田畑昇人
たばた・しょうと/トレーダー・パーソナルファイナンス講師/東京大学大学院在学中。スマホ1つの資産運用で50万円を9ヵ月で1000万円にした実績あり。現在は高校生以上を対象に経済・金融を指導。

関連記事