秋の味覚! 梨をおいしく食べてキレイになっちゃおう!

秋の味覚! 梨をおいしく食べてキレイになっちゃおう!

おいしいなっしー!
秋の味覚はいろいろとありますが、「梨」もその中のひとつ。みずみずしくておいしいですよね。普段なんとなく食べている梨ですが、実はただおいしいだけではなく、こんな効果が期待できるみたいです!

利尿作用  (解熱・むくみ解消・二日酔いの軽減)
呼吸器系の炎症を抑える  (せきや痰・のどの痛みの軽減)
コレステロール値の抑制・高血圧予防
胃腸器系の働きを整える  (便秘解消)

むくみや便秘解消など、女子にうれしい効果が盛りだくさんなんですね。季節の変わり目で風邪気味になってしまった時にも役立ちそうです! スーパーではさまざまな種類が売られていますが、代表的な3つの品種の違いはこんな感じ!

幸  水(赤ナシ) 甘味と酸味を兼ね備え、シャリッとした歯ざわりで、肉質は若干かため。
豊  水(赤ナシ) 玉が大きく、肉質はやわらかめ。さっぱりとした甘さが特徴。
二十世紀(青ナシ) 上品な甘さで、みずみずしくキメ細かい果肉が特徴。

どれも特徴が違っていておいしそう~! この他にもいろいろな品種があるので、食べ比べるのも楽しそう! せっかく食べるならおいしい梨を食べたいですよね。正しい梨の選び方と食べごろをチェックしてみましょう。

形はふっくらと丸みがあるもの。
皮にハリがあるもの。
持った際に重みがあるもの。
軸がしっかりとしていて、お尻はふっくらで広いもの。
表皮の斑点は熟すにつれて減っていくので食べ頃の目安になります。

すぐ食べたい時は斑点が少ない物を選べば良さそうです。鳥取出身の筆者が食べて育った「二十世紀梨」は、食べごろが何度もあるのも魅力なんです。まだ青い時は少し酸味がありとてもシャリシャリしていますが、少し黄色がかってくると今度は甘みが増してきて、違った味が楽しめるんですよ。ぜひ食べてみてくださいね!

もちろん梨はアレンジしてもおいしく食べられます!
ゼリーやスムージーやタルトにしてもおいしそう~! スムージーにする時は、他の果物と一緒に作るとまた違った味になり楽しめそうですね。生ハムを巻くとおつまみにもなるのでおすすめですよ。

食べるとうれしい効果が期待できる梨。旬のうちにたくさん食べてキレイになっちゃいましょう!


(まつだあや+ノオト)

関連記事