運動音痴でも楽しめる新スポーツ「ハンドソープボール」とは?

運動音痴でも楽しめる新スポーツ「ハンドソープボール」とは?

発想が斬新!
人によって得意・不得意がはっきり分かれるスポーツ。レジャーの定番ではありますが、みんなが楽しめる競技を見つけるのは意外と難しいものです。

しかし、そんな悩みを解消してくれる新競技があるんです。その名も「ハンドソープボール」!
【OFFICIAL】ハンドソープボールPV
運動音痴の人や年配者などでも楽しめるスポーツを提案する「世界ゆるスポーツ協会」が開発したもの。ルールは通常のハンドボールと同じですが、ボールを落とすたびに手がぬるぬるになるハンドソープを手に塗らなくてはなりません。ボールを扱いづらくなり、スポーツが得意な人と苦手な人の差が出にくくなるんだとか。

プレイヤーがイライラしないのか気になるところですが、PVにはボールを落として、笑っている様子も。ハンドソープで手がぬるぬるするという変わった状況下では、ミスをしてもかえって楽しくなってしまうようです。
【OFFICIAL】手錠バレーPV Short
世界ゆるスポーツ協会はその他、手錠をつけなくてはいけない「手錠バレー」、ゾンビのコスプレで目隠しをしながらプレイする「ZOMBIE SOCCER」などの変わった競技を開発しています。どれもルールがヘンテコ過ぎる!

各地で体験会を行っているので、興味のある方は友だちを誘って参加してみてはいかがでしょうか。

(マッハ・キショ松+ノオト)

関連記事