知らないではすまされない! マイナンバーについて勉強しておこう

知らないではすまされない! マイナンバーについて勉強しておこう

10月から始まるけど知ってた?
10月から始まるマイナンバー制度。よく聞くけれど、何なの? という人は要チェック! ちゃんと知っておかないと、悪用されてしまうかもしれないんです。

■もしマイナンバーを悪用された場合…

マイナンバーを悪用された場合の被害として考えられるのは、住民票の移転、印鑑登録、婚姻届の提出などの手続きを勝手に行われてしまうということです。

これは大変! では、いったいどういうものなのか、勉強しておきましょう。

■そもそもマイナンバーとは?

マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。

直接的には私たちの生活にメリットがあるようには見えませんが、情報を効率的に管理できることで、無駄な税金を使わずにすむという利点が出てきます。将来的には病院のカルテ番号や、銀行の口座番号などとのリンクが検討されているようです。

■通知方法とその後の手続きって?

さて、通知される方法はというと、

通知は、市区町村から、原則として住民票に登録されている住所あてにマイナンバーが記載された「通知カード」を送ることによって行われます。マイナンバーは一生使うものです。マイナンバーが漏えいして、不正に使われるおそれがある場合を除いて、番号は一生変更されませんので、マイナンバーはぜひ大切にしてください。

最初に住民票がある住所へ送られてくるのが「通知カード」。諸事情により現住所と住民票の住所が異なる場合は、同一にしておくか、できない場合は住民票のある市区町村へ相談してください。しないと、自分のいない住所へマイナンバーの通知が届いてしまい、他人にナンバーを知られてしまうかもしれません。

今年10月にまず住民票を有するすべての人へ紙製の「通知カード」が各市区町村から郵送されてきます。そして2016年1月以降にそれを持って役所へ申請することで、ICチップのついた顔写真入り「個人番号カード」を受け取ることができるのです。
そして基本的には、マイナンバーを利用する際は「個人番号カード」を提出することになります。

最初の通知カードは手続きに必要なだけ。顔写真の入ったカードが、今後一生お世話になる「個人番号カード」です。通知カードは個人番号カード交付時に役所に返却が求められます。

個人番号カード交付申請書に記載のQRコードをスマートフォンから読み取ることで、交付申請を行うことができます。また、パソコンでも申請用WEBサイトから交付申請が可能です。

申請手続きは郵送の他、スマホ・Webサイトなどからも可能。個人番号カードを受け取るには、役所などで本人確認の上で、交付を受ける必要があります。ちなみに有効期限は10年間とのこと。顔写真は気合いを入れて撮りたいですね。

■マイナンバーはいつ使うもの?

では、実際にどんな場面で使うのでしょうか?

マイナンバーは社会保障、税、災害対策の中でも、法律や自治体の条例で定められた行政手続でしか使用することはできません。

悪用されないために、ここは絶対に覚えておかなければなりません! 現段階で提示を求めて良いのは、役所や会社の給与・税務担当者など限られた人たちになります。また、求められた際にも用途の確認をすることがマイナンバーを守ることになります。

もしあなたの勤め先や取引先などからマイナンバーを求められたら、「利用目的は何ですか?」と確認するようにしてください。目的以外のことに使われないか? 漏えいや改ざんがないようしっかり管理してもらえるか?

メールやFAXなどで安易に送るものではなさそうです。コピーを取って提出することが必要だったら、使用後に返却してもらい、自分でシュレッダーにかけるなどの処分をしましょう。

個人番号カードは顔写真入りですので、身分証明書としても使えます。ただしそのときは、裏面をコピーされないように気をつけてください。

裏面に濃いめのマスキングテープを貼って、番号が見えないようにするなどの工夫が必要になりそうです。筆者は紛失が怖いので、今まで通り免許証など他のものを使った方が良さそうな気がしています。

不安がるばかりでなく、よく知っておくことが大切なマイナンバー制度。通知が来たら、添付の書類をしっかり読み込んで制度について理解しておきましょう。


(田中いつき+ノオト)

関連記事