リップを極めれば美肌もイイ女感もゲットできる!? リップメイクの基本編

リップを極めれば美肌もイイ女感もゲットできる!? リップメイクの基本編

【脱・幸薄メイクのコツVol.8 リップメイク1編】
意外と知らないメイクの基本を送る、脱・幸薄メイク講座Vol.8です。

今回はリップメイク編!

みなさん、やっぱり顔が一番変わるのはアイメイクだということで、リップはテキトーだったりしませんか?

塗らなくてもメイクは完成しているし、オッケーオッケーと思っているならそれはとっても損! リップメイクをするとこんなに良いことが!
さて、リップメイクをするにあたって、どんな種類のアイテムがあるかをご紹介します!

■リップの種類と落ちにくい塗り方

最近は柔らかめのものでも落ちにくいものがありますが、基本的にはリップペンシルのように硬くてマットな質感のものは落ちにくく、グロスのようにゆるいものは落ちやすいです。
塗り方としてはこのような感じ。
上記のように丁寧に塗るテクの他、濃い色の口紅を指にとってポンポンと乗せてもかわいいですよ♪

■自分に似合うリップの色って?

次に色選びです。一番みんなが悩むところかもしれませんね。

ざっくり色の種類を分けると下記のようになります。
色の選び方はこちら。
基本的にはあまり難しく考えず、なりたいイメージに合わせて唇の上に乗せていろいろと試していくのが一番です。

そして色選びに慣れてない人は、唇に実際に乗せることが重要です。当たり前ですが、手は肌色で唇は赤いので口紅を乗せると色が全然違いますよ。

いろいろと試していくうちに

「自分は青みのある色はちょっと似合わないな……」

「ちょっと赤みがないと顔色が悪くみえちゃうタイプだな……」

などなど、自分に似合う色がわかってきます。

これがわかってくるとリップ選びがめちゃめちゃ早くなるので、さらに楽しくなりますよ♪

ちなみに色を選ぶ時はできるだけ新色を選びましょう。

例えば同じ赤系の色でも毎年微妙に色や質感が変わっていきます。

同じアイテムをかたくなに使い続けると、気が付いた時にはひと昔前のメイクになってダサくなってしまいますので、定期的にアップデートを心がけましょう!

■それでも色選びに自信がない人は……

大量にあるリップカラーの中から似合う色を見つけるためのヒントとして、「カラー診断」というものもあります。

これは「自分に似合う色」を見つけるので、リップカラーだけでなくファンデの色や服の色までを含めた「自分に似合う色」が見つかります。

似合う色を使うと、より美肌に見えたり、顔色がUPしたり、若々しく見えたりするなど、さまざまなメリットが!

ただしこのカラー診断はプロのカラーアナリスト、カラーコーディネーターさんに診断してもらうことがベスト。

ネットで調べれば自己診断方法はたくさん出てきますが、自分で思っているのとプロに客観的に見てもらうのでは大違いです。

診断料がかかりますが、就活や婚活、年を重ねてお化粧を見直したいと思った時など、どこかのタイミングで一度診断してもらうのもいいですね。

とはいえ、カラー診断の結果と自分の好きな色、雰囲気とは必ずしもイコールではないというのもあります。

そういう場合はリップには好きな色を塗って他のメイク(リップメイク以外のアイメイクやチークなど)でバランスを取って、なりたい自分になりましょう!

カラー別でメイクバランスは変わりますので、そのお話はまた次回!

さて、次回は10月11日(日)公開。

「リップメイクその2 リップカラー別メイクバランス特集」です!

お楽しみに〜!

関連記事