9月28日はスーパームーン! 魅力を堪能できるお月見テクニック

9月28日はスーパームーン! 魅力を堪能できるお月見テクニック

中秋の名月に引き続き☆
今月28日は「スーパームーン」がやってきます。スーパームーンとは、月が最も地球と近づく日に満月を迎えること。同時にその年で一番大きく見える満月を意味します。

中でも、地球と最も近づく瞬間から1時間以内に満月となる現象を「エクストリーム・スーパームーン」と言います。今回の満月も、ほとんどこれに迫る状態! 最も小さく見える満月に比べると3割も明るく見えることから、月の持つパワーが最大になるとする占星術の考え方です。

折しも前夜は中秋の名月でもありますね。今年最も輝く月の光を体いっぱいに浴びてみませんか。

■日没直後がベスト

日本から見た時、もっとも月が明るくなる瞬間は9月28日の未明です。これは27日のお月見と同じ夜にあたります。中秋の名月とスーパームーンが重なるなんて、いつものお月見に増して特別な夜となりそうですね。

その名月が顔を見せるのは27日の16時58分頃から(時刻は東京の場合、地域によって数分の誤差があります)。

スーパームーンの大きさを味わうには、昇りきらない早めの時間帯がベストです。沈む夕日がひときわ大きく輝くように、月も低い空にいる時が一番大きく見えるんです。

しかも当日の天気が良ければ夕日さながらに赤くなることも。この幻想的な月が東の空を彩る時間は、わずか1時間程度という儚さです。

■寒さ対策はしっかり

多少暑いかなと思っても、日が暮れると思いのほか冷えてきます。大判のストールやカーディガンなど用意しておくと安心ですね。

外が苦手な方はスカイラウンジでのお月見もおすすめ。窓越しでも楽しめるのが秋の月の良いところです。東〜南の席が狙い目です。

■影の濃さを楽しんで

もう少し本格的に月明かりを楽しみたい時は、郊外へ出て足元を振り返ってみて下さい。これが月の影かと思うほどはっきりした影が付いてくるはず。知る人ぞ知るスーパームーンの楽しみ方です。

夜の散歩に彼を誘ったり、部屋の明かりを消してベランダに出てみたり、友人とお月見パーティーを開くのも良いですね。

■お月見を逃しても諦めないで

運悪く天候に恵まれなかった場合でも、明るいお月さまと出会うチャンスは続きます。翌28日の夕方に昇る月も、十五夜と見間違えるほどの姿を見せるでしょう。明るさの違いはわずかながら、見る時間によっては前夜をしのぐこともありえます。

この日の月の出は17時40分頃。1晩で40分あまりも変わるなんて驚きですね。たった1カ月で空を渡る月の神秘を感じつつ、それぞれの違いも楽しんでみてはいかがですか?

月の光に魅せられて、わくわくする心がツキを呼ぶのかも知れません。

(越智瑞生+ノオト)

関連記事