手軽に南国気分! テイクアウトできるハワイグルメって何?

手軽に南国気分! テイクアウトできるハワイグルメって何?

ランチにいかが?
海外旅行の王道・ハワイ。ハワイと言えばワイキキビーチにアラモアナ・ショッピングセンター、そしてハワイアン・グルメですよね! ロコモコやスパムはすでに定番、パンケーキやアサイーボウルなども人気です。そんなおいしいハワイアン・グルメ、今は「テイクアウトランチ」で楽しむのがブームなんです。現地では、パックに料理を詰めて、テイクアウトする食べ方が一般的なのだとか。
なんだかとってもおいしそう! そこで今回は、日本でテイクアウトできる話題のハワイグルメをまとめました。空腹時には閲覧注意なので、みなさん気をつけてください!

■カカアコ ダイニング&バー(神宮前)

#モチコチキンプレート #カカアコキッチン #hawaii #ハワイ

mami■さん(@aloha_mami_2015)が投稿した写真 -

ランチタイムには、ハワイでは定番のプレートスタイルでのランチボックスをご用意。現地でも人気の高い『FIVE STAR SHRIMP』の味を再現したガーリックシュリンププレートや、ホワイトソースのロコモコ、カカアコ・ロコモコなど、ボリューム満点のメニューをそろえました。

ハワイで一番アーティスティックで、活気のあるエリアだというKAKA'AKO(カカアコ)の名を持つ同店。店内はとてもオシャレです。ランチで提供されるのはハワイでは定番の、ひと皿に主菜と副菜がすべて盛り付けられたプレートスタイルのランチボックス!

■マイカイキッチン(月島)

ポキ(新鮮な魚介類を玉葱や他の野菜と一緒に味付けしたもの。日本の漬マグロのようなもの)を中心にハワイのローカルフードを作っています。(中略)現地ハワイで長年食べ歩いた味をマイカイキッチンとしての味に発展させて提供しています。その他、ハワイでお馴染みOXテールスープやガーリックシュリンプ。アヒ(マグロ)フライもご用意しています。

「ハワイにある店」がコンセプトのマイカイキッチン。マイカイとはハワイ語で「元気」という意味だそうです。店長さんはなんと元板前さんで、ハワイ料理に魅了されてこのお店を始めたのだそうです。

■モンサラット ブランチ クラブ(神宮前)

ハワイの食の定番プレートランチ。蓋付きのボックスに、メインとスクープライス、マカロニサラダなどが入り、好き好きに食べることができるものです。多民族の国ハワイでは多様なスタイルの料理をプレートランチで楽しむことができるので、子供も大人もみんなが食べています。

ハワイで大人気のレストラン「PIONEER SALOON(パイオニア サルーン)」が監修するランチプレートが楽しめる「Monsarrat Blanch Club(モンサラット ブランチ クラブ)」。パイオニア サルーンのランチプレートは、世界中から旅行者が足を運び、現地で一番おいしいと言われることもあるそうです。

■レナーズ マラサダ(みなとみらい)

『マラサダ』 は外側はカリッと、内側はふんわりとしている食感が特徴の揚げパンです。周りには砂糖がまぶしてあり、あんドーナツの様に見えますが、食べてみると今までにない新食感でありながらどこか懐かしい感じのする不思議な食べ物です。

レナーズは1952年創業のハワイの老舗ベーカリー。一番人気はマサラダという揚げパンです。テイクアウトできるハワイアンデザートとして、手土産などにするのもよろこばれそう!


ハワイグルメにはまだまだ知らないおいしい料理がたくさん! 普段忙しくて海外には行けないという場合も、日本にいながら、テイクアウトでハワイ気分を味わってみてはいかがでしょう★

(朽木誠一郎/ノオト)

関連記事