過去のツイートが全消し!? 怖いTwitter乗っ取りの対処法

過去のツイートが全消し!? 怖いTwitter乗っ取りの対処法

友だちに迷惑をかけてしまう前に!
「人気の家電が期間限定◯◯円!」「現金10万円がもらえるキャンペーンを実施中!」

こんなツイートがタイムラインに流れて来て、「またか」と思うことはありませんか? そう、これは誰かが被害にあってしまった、Twitterアカウントの乗っ取りです。

このようなTwitterアカウントの乗っ取りは、自分のフォロワーに手当たり次第メンションを送ってしまうだけでなく、過去のツイートがすべて削除されてしまうこともあるそうです。せっかくつぶやいた内容や写真が勝手に削除されてしまうなんて……絶対イヤ!

そこで今回は、Twitterアカウントを乗っ取られた時の対処法を紹介します。落ち着いて対応すれば被害を小さくできるので、ぜひ覚えておきましょう。

Twitterアカウントが乗っ取られてしまったら、やるべきことは次の2つです。

1)パスワードを変更する

パスワードを変更するのは、乗っ取りの犯人がログインできないようにするためです。

もしTwitterアカウントが乗っ取られたら、ハッカーが再度ログインできないようにパスワードをすぐに変更しましょう。
Twitterアカウントのパスワードはスマホアプリからでは変更できないので、スマホから操作する場合はsafariやGoogleChromeなどのWebブラウザアプリからTwitterにログインし、そちらで変更しましょう。

乗っ取られていない場合でも、乗っ取られにくくするために、事前に難しいパスワードにしておくことをオススメします。

2)連携アプリを解除する

連携アプリを解除するのは、身に覚えのないアプリが勝手にツイートをしたり、過去のツイートを削除したりするのを防ぐためです。

連携アプリは2015年9月現在、スマホのWebブラウザアプリでも解除できないので、PCでTwitterにログインするか、スマホのWebブラウザアプリをPC表示モードにしてTwitterにログインする必要があります。

PCでTwitterにログインしたら、以下のように連携を解消しましょう。

まず、ブラウザで「twitter.com」にアクセス。Twitter にログインします。
右上の「歯車」をクリックし、【設定】を選びます。
左のメニューから【アプリ連携】をクリック。
連携を取り消したいアプリ・ウェブサービスを見つけて【許可を取り消す】をクリック。ボタンが【許可の取り消しを止める】に変わったら、作業完了です。

スマホのWebブラウザアプリは以下のようにPC表示モードにしましょう。

iPhone/iPod touchの場合、iOS 8であればSafariでモバイルWeb版Twitterを開いた後、アドレスバーをタップしてからブックマーク一覧を下にスワイプし、[デスクトップ用サイトを表示する]をタップする。(中略)Androidスマートフォン/タブレットの場合、Google Chromeブラウザーがインストール済みなら、Chromeを起動して画面右上のメニューボタンをタップし、[PC版サイトを見る]をタップしてチェックをオンにしてから、PC版Twitter( https://twitter.com/ )を開く。

PC表示モードにした後の操作はPCでTwitterにログインした場合と同じです。

このような対策をすれば、Twitterアカウントを乗っ取られても、いつもどおりTwitterを再開することができます。ただし、日頃から「簡単なパスワードは使用しない」「あやしい連携アプリを認証しない」などには注意するようにしてください。

自分だけでは被害がおさまらないのが、Twitterアカウントの乗っ取りの怖いところです。ちょっとでもおかしいと思ったらすぐに対策をするようにしてください。また、乗っ取られている友だちがいたら、ぜひこの方法を教えてあげてくださいね!

(朽木誠一郎/ノオト)

関連記事