この日は気合を入れたい! 素敵女子のMY勝負コスメ

この日は気合を入れたい! 素敵女子のMY勝負コスメ

美しい人は○○を使っている!
ナチュラルメイクが主流の昨今ですが、結婚式の二次会やホームパーティー、女子会、同窓会、合コン、デートなど、この日は何としてでもメイクに気合を入れたいという日がありますよね。

そこで大切な日に使う勝負コスメを、美のトレンドに敏感な20代女性に聞いてみました。

■涙袋から二重ラインまでこれ1本「ケイト ダブルラインフェイカー」

「今までになかったアイライナー。極薄ブラウンだから肌馴染みも良くて、涙袋も二重ラインもこれ1本で作れちゃいます。これのおかげで目元がパッチリ立体的に演出できるので、華やかな場に繰り出す時は絶対欠かせない! 整形級の仕上がりなので日常使いはしませんが……(笑)」(23歳・美容ライター)
これがそのアイテム。お値段も1,000円前後とリーズナブルなのもうれしいですね。
確かに二重ラインがハッキリしています……! これは画期的なアイテムですね!

●長めに引いたアイラインの上まで、ふたえのラインを描きたすと、より目幅が広がった大きな目元印象に仕上がります。
●涙袋の下にラインを描き、指でなじませると、より立体感のある涙袋に仕上がります

最早お化粧というよりも、お絵かきといった感じですね。でもこれが不自然にならず肌に馴染むというのだから、試してみる価値はありそうです。

■ハーフeyeを実現! 赤系シャドウを下まぶたにON!

「白人さんの目のキワをよく見ると、目のキワがハッキリしています。まるで濡れたような目元で、とてもセクシー。これを再現するには、下まぶたに赤系シャドウで薄くラインを引くように乗せ綿棒でぼかし、目の粘膜部分を広く見せます。少し泣きそうな、ウルウルした瞳に見せる効果もアリ。たくさん乗せるとアンニュイでモードな雰囲気になり過ぎるので、あくまでもうっすらと。甘い顔立ちになること間違いなしです! ただ、赤シャドウはブラックやブラウンよりも目立たないため、接近戦の時のみ使用しています」(27歳・モデル)
確かにボルドー系は秋の印象。これからの季節にピッタリですね。
トレンドの血色メイクのようにじゅわっとした血色感が出ますね。それにより透明感のある肌にも見えます。
下まぶたに自然な立体感が出ますね。こんな瞳で見つめられたら、ドキッとしてしまうかも。

マジョリカマジョルカやキャンメイクなど、プチプラコスメからも赤シャドウは発売されているので、好みの色合いを見つけてみて。

■意中の彼を射止めるならリップメイクがマスト!

「飲み会や食事に行く時は、どんなにリップメイクを頑張っても取れちゃうのでしていきませんが、意中の人と会う時は別。透明感があるウルウルの唇で挑めば、セクシーさが倍増しますし、高確率でキスされちゃいます。とはいってもベタベタするグロスや色の濃い口紅はNG。唾液で濡れたような自然な感じを演出することが大切。薄付きでヘルシーなカラーリップ『オペラ シアーリップグロス』がオススメです」(26歳・出版)
カラーバリエーションも豊富なようです。これなら自分に合った1本を見つけられそう!
これはモテリップ確定! 自然な色付きで濡れた唇がとっても色っぽいです!
もとから唇の色が良いように見せてくれるリップのようです。

ちなみにリップメイクについては、こんな結果も。

英マンチェスター大学での実験(2010年)によると、男性は初めて会った女性の顔の中で10秒中7秒、唇を見つめているとわかりました。
(中略)
リップメイクをしている場合男性は7秒唇をみつめ何もしてない唇はたった2秒だけ。

これはますますデート時のリップメイクは欠かせませんね! とはいえキスした時の感触も大切ですから、被膜感がなくてナチュラルなモテリップを実現する同アイテムがマストかも!

他にも、目の下にゴールドのラメライナーをがっつり入れて華やかに見せたり、男性が大好きなせっけんの香りがする香水をまとったり、いろいろと勝負コスメがあるようでした。みなさんもここぞという時は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事