大ヒットマンガ「黒バス」が面白い!? 人気のヒミツに迫ってみた!

大ヒットマンガ「黒バス」が面白い!? 人気のヒミツに迫ってみた!

連載終了後も衰えない人気!
少年マンガの王道、週刊少年ジャンプ。「ワンピース」や「NARUTO」など、老若男女問わず、国内外問わず、大人気なマンガを多数生み出していますよね。そんなジャンプの中でも、女性人気抜群で、Twitterでも話題になっているのが、「黒子のバスケ」!
そんなお困りツイートをしてしまうほど黒バスって面白いのか!
2009年から2014年まで本誌で連載されていた同作品。コミックは30巻まで発売されています。

主人公は、高校1年生の「黒子テツヤ」。名前の通り、黒子のように影が薄いのが特徴です。ジャンプのマンガの中では珍しいタイプの主人公ですね。とはいえ。
どうやら、「黒バス」人気のヒミツは主人公をはじめとする、キャラクターが魅力的な点。そして、設定やストーリーが巧みな点にあるようです。

2015年6月まで放送していたアニメ第三期の公式Twitterは、同時期放送のアニメ作品の中で、ダントツでフォロワー数が多く、アニメの人気も高いみたいです。
また、東京ゲームショウ2015内のイベント「KUROBAS CUP 2015」のチケットは、販売開始4秒で売り切れてしまったとか……。
いまだ衰えない人気ぶりが伺えますね。

今まで興味はあったけど、手に取るタイミングを失っていたという人は、この機会にぜひ「黒バス」を楽しんでみてはいかがでしょう?
(大熊マナミ+ノオト)

関連記事