ちゃんと考えてる? 女子に必要な防災対策を押さえておこう

ちゃんと考えてる? 女子に必要な防災対策を押さえておこう

備えあれば憂いなし!
9月1日は防災の日。各地で避難訓練が行われています。大規模な避難訓練に参加しなくとも、自宅や職場でもし被災したら……と考えてみるいい機会ですよね。そこで、女子なら準備しておきたい物について調べてみました。

■非常用持ち出し袋編

家に備えておく基本の持ち物。キットなども販売されているし、使わなくなったバックパックなどに準備するのも良いですね。両手を空けるために背負うことができるカバンにすることは忘れないでください。

それでは以下の基本のアイテムから、自分に必要な物を足したり不要な物は減らしたりと、カスタマイズしていきましょう。
【生理用品】

ナプキンは薄くて長時間用を。(中略)また空き箱やポリ袋などにほぐして入れて、簡易トイレにも応用できるなど、実は使い道が多いので必携です。タンポンが使える人は、コンパクトなのでこちらも。ナプキンの使用量を減らせます。

簡易トイレにもなるとは目からウロコ! 無くなったら買いに行くのではなく、普段から2 クール分ぐらいは家にストックしておくと良さそうですね。
【下着】

下着は必ず入れておきましょう。ブラは1つ、アンダー類は生理用1、普段用3くらいは用意して。素材は綿などでシンプルな物を。(干すと恥ずかしい大胆な物、付け心地の悪い物は避けて)

避難所で洗濯し、干す可能性がある下着。プチプラの地味な物を用意しておくと良さそう。おりものシートがあると下着の洗濯の回数が少なくても気にならないという話も! シャツも夏は速乾性の半袖を、冬は防寒性の高い長袖を2枚以上入れておきたいところ。
【化粧品】

オールインワンタイプや試供品をいくつか入れておくとかさばらないので、便利です。震災時はスキンケアのことまで言っていられませんが、あると役立つグッズです。

直接、命には関わりませんが、あると精神的に落ち着きます。シャンプーや石鹸は水がないと使えないので、ウェットタイプの体拭きシートなどが◎。

■職場編

滞在時間が長い職場での防災対策も大切です。
【運動靴】

「徒歩で帰宅しよう!」と決めたときに重要なのは、歩きやすい靴を履いているかどうか。路上は地震によって崩れ落ちた看板や外壁、飛散したガラスの破片などがあって危険な状況が予想されます。高いヒールでは災害後の路上を長時間歩くことはとても危険ですし、足を痛めたり、ケガの原因になります。ケガから足を守るためにも履き慣れた底の厚い運動靴を勤務先に用意しておきましょう。

地震以外でも、停電になって電車に乗れない場合、エレベーターが止まって非常階段で地上へおりる場合、靴は大切です。ハイヒールや底の薄いペタンコ靴では足元が不安定になりがちだし、膝や腰に負担が大きく長距離を歩くのは難しそうです。ロッカーやデスクの下に運動靴を入れておきましょう。合わせて、靴下の準備も忘れないで。
【レスキューシート 】

別名をアルミブランケット、レスキューシートなどと呼び名は様々です。またサイズもメーカーによって色々です。寒さ対策の保温効果や炎天下の断熱効果もあります。それ以外の用途としては風除け、ちょっとした着替えや野外トイレなどの目隠し用にも使えそうです。

帰宅できず、職場で一泊過ごす場合にあった方が良いのがレスキューシート。もちろん、大きなブランケットや寝袋が準備できればそれが一番良いのですが、スペースなどの問題で難しい場合に役立つのが手のひらサイズに折りたたまれているこちら。意外に冷たいオフィスフロアの床も、段ボールか新聞紙を引いてレスキューシートにくるまれば暖かく過ごせるし、スカートを履いている場合は目隠しになるのもうれしい。ホームセンターなどで500円程度から購入できるようです。
その他、日常的に薬を服用している方は、全部を家に置いておくのではなく、数日分はカバンに入れて持ち歩くようにしたり、使い捨てのコンタクトの予備を増やしておいたりするなど、自分に合った防災対策をすることが大切です。近視が酷い筆者は、お古のメガネを持ち出し袋へセットしています。少々度が弱くても、ないよりは良いですからね。

また、一度準備したからといって安心しないで!
最低でも年に1回、賞味期限や電池切れなどのチェックをしてください。できれば年2回、衣替えと一緒に入れた物をチェックすると良いですね。

さらに夏と冬でも必要な物が少しずつ違ってくるはず。非常袋が夏用、冬用に切り替わっていたら、もう怖い物なし!

(田中いつき+ノオト)

関連記事