猫好きさん集合! 谷中で「ぶらりにゃんにゃん散歩」

猫好きさん集合! 谷中で「ぶらりにゃんにゃん散歩」

乙女心をくすぐるレトロ感♪
休日のお散歩スポットとして人気の 谷中・根津・千駄木エリア(通称・谷根千)。文京区・台東区に位置し、23区の中心に近いにも関わらず、東京の下町としての風情を残しています。

そんな谷根千は、町全体のレトロな雰囲気が人気を集めていますが、実は猫の聖地としても有名なんです! 今回は「ぶらりにゃんにゃん散歩」と題して、谷根千の中でも、最も猫を推している谷中にお邪魔しました♪
日暮里駅を出て5分 ほど歩くと、すぐに谷中銀座に到着です。商店街の入り口にある階段、「夕焼けだんだん」はきれいな夕日や多くの野良猫が生息しているそう。いざ、お散歩開始!
商店街の中は見渡す限り、猫、猫、猫! 看板や旗飾りも猫モチーフのものがたくさんります。キョロキョロと猫印を探しながら歩くのは、宝探しをしているみたいでとっても楽しい♪
谷中七福猫像を発見! 実はこの2匹を含めて、谷中銀座商店街には木彫りの七福猫が7匹いて、全て発見すると幸せになれると言われているそうです。しかし、不定期に置き場所が変わったり、フェイクのような猫像がたくさんあったりするので、なかなか探すのが難しい……。猫像が置いてある店の人に聞くと、それが正解か教えてくれるそうですよ。
天ぷら・惣菜屋「初音家」さんの屋根の上にも七福猫を見つけました。一瞬、本物かと思うほどリアルな猫像にびっくり! 幸せに一歩近づけたかな……?
商店街を外れて小道を歩いていると、石段に猫アートが! こちらは、猫の小物を集めた「猫町ギャラリー」さんの入り口にありました。愛嬌のあるポーズに思わずにっこり♪
歩いてお腹が空いたので商店街に戻ると、甘~い匂いが。見つけたのはスティック焼きドーナツのお店、「やなかのしっぽや」さん。その名の通り、猫のしっぽをモチーフにしたドーナツが売られていたので、おやつタイムにすることに!
セレクトしたドーナツの名前は「とら」(130円)。ココア生地にホワイトチョコチップが入っています。熱々のドーナツの外はサックリ、中はホロホロと柔らかく、やさしい甘さの懐かしい味でした。スティック状なので食べ歩きにもぴったり。味や見た目も沢山の種類があり、「タマ」や「ミケ」など、それぞれのドーナツに猫の名前がついてるのもユニークです。あまりのかわいさについつい買い過ぎちゃいそう!

谷中はまさに「猫の町」! レトロな町並みに「かわいい」と「おいしい」がたくさん詰まった素敵スポットでした。あなたも下町で、自分だけのお散歩ルートを探してみては?

(高杉結花+ノオト)

関連記事