メイク後に顔を水につけるだけ! 「潜水メイク」でメイク崩れ予防を

メイク後に顔を水につけるだけ! 「潜水メイク」でメイク崩れ予防を

えっ? メイクしたまま?
今ネットで話題の「潜水メイク」、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか? 潜水メイクとはその名の通り、メイク後洗面器やボウルに張った水に顔をつけるというもので、これをするとメイク崩れを防げるそうなのです。

■潜水メイクのやり方

普段通りのベースメイクをして、お粉で仕上げたら、水を張った洗面器に30秒〜1分ほど顔を浸けるか、水をたっぷりスプレー。そして最後にティッシュオフするという、なんとも衝撃的なもの。しかしながら、たっぷりの水分で肌にファンデーションを密着させることによって、透明感や素肌感がぐっとアップする上、ベースメイクが崩れにくくなるのだとか!

ちなみにいつもよりたっぷりめにベースメイクを塗ることがポイントなのだとか。何とも信じがたい荒業ですが、なかなか評判のようで、次のような声が上がりました。
とはいえ、こんな意見もあるようで……
水分が蒸発した後、肌の乾きやツッパリを感じる人もいるようです。スキンケアの段階でしっかり保湿しておいたほうが良さそうですね。

■筆者もトライ!

実際に筆者も試してみたところ、油田顔の私にも効果絶大でした。仕上がりはかなりマット肌。アイシャドウが取れることもなく、ラインがにじむこともありません。

個人的にはしっかり30秒潜水することよりも、冷たい水に顔をまんべんなくつけるほうが崩れにくかったです。そのほうが、毛穴が引き締まるからでしょうか……。

ということで、洗面器にキンキンに冷えた氷水を入れ潜水してみました。すると、ただ潜水するよりもかなり化粧持ちが良かった! これはかなりの大発見!

ただ、水分を拭き取る際に強くこすってしまうと汚いヨレかたをするので、やさしくふき取るように心がけたほうが良さそうです。

一度試してみる価値はあるかも? みなさんもぜひトライしてみてください。

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事