おいしさ悶絶級のソフトクリーム「クレミア」もう食べた!?

おいしさ悶絶級のソフトクリーム「クレミア」もう食べた!?

ほっぺた落ちそう〜!
暑い日は特に冷たいものを食べたくなっちゃいますよね〜。デザートにアイスは鉄板! 街ではさまざまなアイスショップがにぎわっています。

そんな中、ちょっと変わったソフトクリームが話題になっているのをご存知でしょうか?
その名は「クレミア」。写真の通り、コーンの部分がラングドシャになっているんです!

日世の新しいスイーツCREMIAが発表されたのは、2013年7月3日のこと。

発売されたのは意外にも2年前と最近なんですね。名前の由来は「クリーム&プレミアム」から来ているとのこと。おいしそうすぎ!

うっとりと画像を眺めていたのですが、そのうち「ラングドシャのコーンって甘すぎるのでは? それに、食べている時にポロポロと崩れないの?」と、心配に……。

せっかく楽しみにしてクレミアを食べに行ったのに、甘すぎて完食できなかったり、みんなの洋服が汚れる事態が起きたりしたら辛い! そこで、筆者が実際に食べてレポートすることにしました。

■クレミアを購入

8月都内某所。やっぱり大人気のようで、お店にはクレミアの行列ができ、飛ぶように売れていました。お値段は場所によって少し変わりますが、だいたい500円前後で販売しているようです。

フォルムはよく見るソフトクリームのように巻いていないのが特徴ですね。ラングドシャも持つとすぐぐしゃっと潰れるのかと思いきや、意外に丈夫でした!

■しかし外に持ち出すと……

Twitterでも騒がれていますが、筆者のクレミアも2分ほどで溶け出しました。

「できるだけ生に近い乳原料を、絶妙なバランスで配合」とのことで、乳脂肪分は北海道ソフトクリームが8.5%に対し、クレミアは12.5%。すごく柔らかいんです。そのため、若干溶けやすいのかも……? できればテイクアウトではなく、イートインの涼しい場所で食べることをおすすめします。

■お味は?

ソフトクリームは、濃厚だけど重すぎないおいしさ! 生クリームは25%使用しているようです。普通のコーンと比べてラングドシャのコーンは甘いですが、むしろクリームとの相性はぴったり。全体のバランスが良いので、甘すぎて全部食べられない……ということはなかったです。

また、よくものをこぼす筆者ですが、ラングドシャが崩れるのでは……という心配もありませんでした。さすが400回以上もの試作を重ねて作られただけあります。完璧でした。

でも、ゆっくり食べているとラングドシャが崩れやすくなるという方もいるようですので、お気をつけて☆

ソフトクリーム界のニューカマー「クレミア」。疲れた身体を癒してくれる、甘くて夢のようなお味でした。みなさんも街で見かけたらぜひ食べてみてください。ハマっちゃうこと間違いなしですよ!


(西田タニシ+ノオト)

関連記事