お泊りってそういうことじゃなかったの? エッチしない男の心理とは

お泊りってそういうことじゃなかったの? エッチしない男の心理とは

男はオオカミ? それともヒツジ?
意中の男性と一夜を過ごすことになってウキウキしていたら、男性が何もせずに寝てしまってモヤモヤ……。そんな意図しない「ウィル彼女化」に戸惑った経験はありませんか? 

無防備な女性を前にしても、手を出さない男たち。「男はオオカミ」 なんて言葉も聞いたことがありますが、実はヒツジ化してしまっているのでしょうか。エッチできるのにしない男の心理を、筆者の周辺でリサーチしてみました。 

■彼女やセフレ以外の女の子と一緒に寝ていても手を出さないのはどんな時?

「 彼女やセフレじゃない子だったら、手は出さないです。自制心が働いちゃいますね」( 31歳・医療)

「肉体だけの関係で終わらせたくないと思った時」( 24歳・広告)

「自分にとって大切な人だったら、そう簡単に手は出さないです!」(34歳・福祉)

「単純に眠い時。同じベッドにいても眠くなるということは、本当に相手に対して興味がないということなんでしょうね」( 24歳・学生)

「エッチしてしまったら、友だち関係が崩れてしまうと思った時は、やっぱり手が出せないです……」( 28歳・専門学生)

男性が添い寝しても手を出さない時は、女性のことを恋愛感情の有無に関わらず「本当に大切に思っている時」か「まったく興味がない時」のどちらかでした。

■もし自分のヤル気がなくても、女性に迫られたらどうする?

「もちろん応える」(31歳・医療)

「肉体だけの関係で終わらせたくなかったら、やらない理由を話す。どうでもいい相手だったらエッチしてしまうかも」(24歳・広告)

「相手が大切な人なら考えちゃいますね……。まだ早いかもと思ったらしない」(34歳・福祉)

「流れに身をまかせる」(24歳・学生)

「エッチなことはしても、最後まではしない!」(28歳・専門学生)

女の子に迫られた時は、多くの男性が「応じる」か「流れに身を任せる」、一部の人が「大切な人なら考える」と回答。チャンスがあればエッチしたいのが男の性なれど、大切な人とは流れでエッチをしたくないという、ピュアな心理もあるようです。

リサーチ結果から考えてみると、添い寝するということは、ある程度好意があると考えて良いみたい。一方で、男性は付き合う気や恋愛感情がなくとも、迫られれば応えてしまうのも事実。友だち以上恋人未満の男性と、一線越えてしまいそうな時には、男性にもつき合う意思があるのかを確認することは重要そうです。

「一歩を踏み出してもらいたいのに」と、もどかしい思いをしているあなたは、思い切って正直に相手の胸の内を聞いてみるのが良いですね。

(目良シンジ+ノオト)

関連記事