七夕にペルセウス座流星群……夏の夜空を見上げよう☆

七夕にペルセウス座流星群……夏の夜空を見上げよう☆

星に願いを♪
日差しが照りつける日中と比べ、暑さの和らいだ夏の晩は、外でゆっくり過ごしたくなりますよね。そんな時にはちょっと夜空を見上げてみませんか☆

7月の七夕、8月のペルセウス座流星群と、夏の夜空では大きなイベントが続きます。そこで、この2つのトピックを、星空をもっと楽しむためのアプリと合わせてご紹介したいと思います。

■七夕(7月7日)

織姫と彦星の物語や笹飾りなど、幼いころから馴染みのある行事ですよね。筆者の出身の長野など、地方によっては旧暦の8月に行われるところも。「そもそも七夕とは……」と調べ直してみたところ、意外なことが判明しました!

その起源には数多く説がありますが、
(1)もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)」と
(2)おりひめとひこぼしの伝説と
(3)奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」
という行事があわさったものと言われています。

中国から伝来した行事だとばかり思っていましたが、日本古来の神事とも繋がりがあったんですね! 七夕の夜空の主役は織姫と彦星ということで、復習をかねつつ(2)を掘り下げてみますと……。

天の川の西岸に織姫という姫君が住んでいました。織姫は機織りの名手で、美しい布を織り上げては父親である天帝を大変喜ばせておりました。そんな娘の結婚相手を探していた天帝は、東岸に住む働き者の牛使い彦星を引き合わせ、二人はめでたく夫婦になりました。
ところが、結婚してからというもの、二人は仕事もせずに仲睦まじくするばかり。これに怒った天帝が、天の川を隔てて二人を離れ離れにしてしまいました。
しかし、悲しみに明け暮れる二人を不憫に思った天帝は、七夕の夜に限って二人が再会することを許しました。こうして二人は、天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、年に一度の逢瀬をするようになったのです。

ここに登場する織姫(琴座のベガ・織女星)と、彦星(わし座のアルタイル・牽牛星)、カササギ(白鳥座のデネブ)は「夏の大三角形」としても知られています。どれもかなり明るい星なので、天気さえ良ければ都会の空でも見つかるはず。
ベガとアルタイルの間には、物語の通りに天の川が……! 満天の星空が楽しめるような場所なら、ほの白く輝く天の川も見られるかもしれませんね。

■ペルセウス座流星群(8月12日深夜~14日明け方)

毎年お盆の時期にやってくる流星群、それがこの「ペルセウス座流星群」です。流れ星を見る時に気になるのがピークの時間帯ですが、今年はいつなのでしょう?

今年は、13日15時頃に活動が最も活発になる(極大)と予想されています。
(中略)
12日深夜から13日の明け方や、13日深夜から14日の明け方にかけて、多くの流星が期待できそうです。空の暗い場所で観察すれば、1時間に30個を超える流星を見ることができるかもしれません。

年によっては月が明るくて星が見えづらいこともあるのですが、今年は新月なので安心そうですよ♪ どの方向の空を見上げていても流れ星は見えるということですが、「それでも放射点が気になる!」という人は、ペルセウス座の右肩のあたりを目安にしてみてください。
ちなみにペルセウスが右手に持っているのは、かの有名な怪物・メデューサの首なんですよ……!

■星空を楽しむアプリ「星座表」

では最後に、星座観測をする時に便利なアプリ「星座表」をご紹介。上の2枚のスクリーンショットも、星座表の画面なんです。アプリを起動してスマートフォンを空にかざすと、その先にある星や星座が画面に表示されるんです! 筆者はよく「あの月の近くで光ってる明るい星、何ていうのかな?」と思った時にその星にかざして「なるほど、木星か」という使い方をしています。また、探したい星座の場所のガイド機能がある他、星や星座の情報を知ることができるなど、星空好きさんにはおすすめのアプリですよ♪

また、筆者イチオシの夜モードも搭載! 夜モードにすると……。
こんな感じの画面になります。ちょっと暗い? そこがいいんです!

ずっと夜空を見上げていると暗さに目が慣れて、だんだん見える星の数が増えてきます。……が、そこで通常の明るさのスマホ画面を見てしまうと、せっかくの「夜目が効くようになってきた状態」が眩しさでリセットされてしまうことに。じっくり夜空を見上げたい時には便利ですよ♪
一人じっくり、恋人とまったり、友だちと賑やかに……いろんな楽しみ方ができるのも天体観測の良いところ。この夏はスマホを水先案内人に、夜空に思いを馳せる時間を過ごしてみてはいかがでしょう?


(古原悠+ノオト)

関連記事