猛暑 の夏、体を上手にクールダウンさせてくれる食材って?

猛暑 の夏、体を上手にクールダウンさせてくれる食材って?

冷たいものは危険!?
連日の猛暑で、家に着くころには体もぐったり。そんな時は、ビールにアイスにかき氷! 毎日ついつい手が伸びてしまうという人も多いのでは? でも冷たいものばかり摂るのは、やっぱり体にはやさしくありません。内蔵が冷えて、便秘や下痢の原因になったり、倦怠感に苛まれたり……。

だからと言って我慢しすぎると、体がバテてしまいます。そこで大事なのが、ゆっくりと体の熱を冷ますこと。実は、効率的に熱を冷ましてくれる食べ物が意外と身近にあるんですよ~! それが、夏野菜。

夏野菜には「カリウム」という成分が多く含まれていて、これが体を冷やすのに一役買っています。
この「カリウム」は、尿の排出を促して、体の余分な熱を逃がす働きがあるのです。この成分の他にも、夏野菜には水分を多く含むものが多く、体温を下げる助けをします。

夏野菜 と言えば、トマトやキュウリ、トウモロコシ、ゴーヤ、茄子などなど……。効果もさることながら、旬の食材だけにおいしく食べられるというのもうれしいですよね。 まさにこの季節の救世主!

でも、夏野菜の取りすぎはかえって「冷え」の原因になるのでは? と心配な人は、調理のポイントを押さえましょう!

一番手っ取り早いのは、何といっても火を通してしまうこと。トマトはパスタのソースにしたり、スープにしたり。ナスは焼きナス、麻婆ナスなどレシピが豊富です。キュウリ・ズッキーニもナンプラーで炒めるなどしておいしく食べられます。

ただし、加熱することで栄養素が減ってしまうことも。生のままで食べたい場合は、冷やさずに常温の状態にして食べるのがオススメなのだとか。

ちなみに、体を温める食材というイメージがある生姜も、食べ方によっては体の熱を下げる効果があるそうなんです!

生の生姜には発汗作用や代謝を促すジンゲロールという物質が豊富。これは発汗を促し、熱を下げる作用があります。

なるほど、おろし生姜などにして生で食べると良いのですね。逆に体を温めたい時は、加熱調理するのが◎だそうですよ!

暑い夏はまだまだ続きます。体調管理のためにも、旬の食材を使って上手にクールダウンしてみてくださいね。

(榮みほ+ノオト)

関連記事