お掃除には重曹とクエン酸を上手に使いわけよう

お掃除には重曹とクエン酸を上手に使いわけよう

天然成分ですっきり&エコ♪
ドラッグストアなどには、場所別でカラフルな掃除用洗剤がたくさん並んでいますよね。でも、それらを買い揃えるのはとても大変です。そんな時に役に立つのが重曹とクエン酸。ちょっと地味なイメージですが、その掃除効果は決して地味ではありません。何通りにも使える優れものなので使い方を覚えて、お掃除マスターになりましょう♪

■重曹

重曹の特徴はというと……。
アルカリ性ですので
そのアルカリの力を利用して、手あかや皮脂汚れ、
油汚れなどの酸性汚れを中和して分解します。

キッチンのシンクやコンロ、それから手垢の気になる場所の掃除に適しているようですね。

【研磨効果】
水に溶けにくいという性質と研磨作用があるので、コンロのこびりついた油汚れなどはスポンジにつけた重曹で磨くのが良いそう。クレンザーよりも肌にやさしい成分ですが、敏感肌の人はゴム手袋をした方が無難です。

【焦げ落とし】
筆者も何度かお世話になっております。絶望レベルの鍋が見事に蘇りますよ。一度で落ちない場合は、スポンジでこすった後に日光に当てて、また重曹をいれた水を沸騰させるというプロセスを何度か繰り返すと、買った時の輝きが蘇ります!

【脱臭効果】
今の時期にオススメなのは、脱臭剤として使うこと。ジャーや空き容器に入れて、トイレや玄関、冷蔵庫とあらゆる場所に置いちゃいましょう♪ 料理に使うこともある重曹は、こぼれたり、万が一ペットが口にしてしまったりしても大丈夫。安心して使えますね。

■クエン酸

クエン酸の特徴はというと……。

基本的に、弱酸性の液性を利用して、水垢、ミネラル汚れ等アルカリ性を示す汚れを中和し緩め、落としやすくします。

トイレや洗面所、お風呂場の水垢掃除に良さそうですね!

【トイレ掃除】
壁や床もスプレーした雑巾で拭くとすっきり、消臭効果も期待できるとか。仕上げの水拭きは必要ですが、便器の中も床もクエン酸1つで掃除できるのでトイレ内がゴチャゴチャしません。筆者はスプレーボトルにいれたクエン酸水にアロマオイルを2~3滴入れて使っています♪

【水あか取り】
お風呂やキッチンの蛇口、シンクについた白っぽい汚れ、電気ポットの中のガビガビする汚れ、全部水あかです。蛇口やシンクにはクエン酸スプレーをシュッ。お湯をいっぱいにした電気ポットには大さじ3杯程度入れて1時間おくとすっきりきれい♪ どちらの場合も仕上げの水拭きをしたり、水ですすいだりすることを忘れないでください。

■セスキ炭酸ソーダ

今、「汚れが超落ちる!」と、話題になっている天然成分由来の白い粉があります。それは「セスキ炭酸ソーダ」。重曹と同じアルカリ性で、重曹より少しアルカリ度が高いことと水に溶けやすいことから、お掃除にはこちらを勧める人が多数!

【油汚れ】
水に溶かしたものをスプレーに入れておくと、コンロを使ったあとにすぐに掃除できて便利! シュッとしたあと、クロスで拭くと◎。油のこびりついた換気扇も、外してセスキ炭酸ソーダの入ったバケツにつけ置くときれいになりますよ。

【血液汚れ】
女子なら一度は経験があるであろう、血液汚れ。なかなか落ちにくいものですが、水とセスキ炭酸ソーダを少量入れたバケツに汚れた衣類を一晩つけ込んでおくと、きれいに落ちてしまいます。といっても、血液汚れは時間が経つにつれて落ちにくくなるので、早めにつけ置くか、ビニール袋に入れて水で湿らせておいた方が良いですよ。

最初はちょっと面倒かもしれませんが、慣れればとても楽ちん! 掃除する場所が変わっても使うものが同じだと、いくつも洗剤を買い込まずに済むので断捨離にもなります。どの薬剤もドラッグストアの他、ホームセンターや100円均一でも売っているので、気軽に試してみてくださいね!

(田中いつき+ノオト)

関連記事